無料ゲームタイムHome > 無料着せ替えゲーム > 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 7

ヘッドライン

着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 7

マンガクリエイタースクールデイズ 7

シチュエーションを作る着せ替えゲーム第7弾。
ギターを弾いている男性、それを見ている女性のシーンを自分が考えた設定や好みに合わせて、表情を変えたり服装を着せ替えたりしてシチュエーションを作っていこう。

操作方法

マウスで操作

Find more free online flash games at Fupa.com

スポンサーリンク

このゲームで遊んだ方はこんなゲームでも遊んでいます

  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 6
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 9
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 8
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 5
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 3
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 4
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 10
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 11
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 12
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 14

新着ゲーム


紹介用リンク

リンク貼り付けタグ

ゲームURL


コメント:136

十六夜 2016年9月20日 17:32 ID:MjA4NzAyN

皆さん、初めまして!十六夜です!今回からいろんな物語(?)を書いていくので、よろしくお願いします!このお話の続きが気になる人は、このシリーズの、6を見て下さい!それでは、楽しんでってください!!
登場人物:女の子 綾瀬莉乃 英治に片思い 男の子 早坂英治 莉乃が好き?
ピンク色の人形 もも(メス)莉乃とずっと一緒の人形。 紫色の人形 カロン(オス)英治と一緒の人形
学校終了後…莉乃は桜が見たくて道を歩く。
莉乃「桜、きれいだねーもも。」
♪~~
莉乃「?何か聞こえる?」
♬~
莉乃「あ、」
英治「?あ、こんにちは!」
莉乃「え、えっと…こ、こんにちは…」
英治「そんなに緊張しなくてもいいよ。」
莉乃「えっと…英治さん?…」
英治「英治君か、英治でいいよ!莉乃ちゃん!」
莉乃「え…、え、英治君…こ、ここで何やっているんですか?」
英治「ギターを弾いてたんだ。俺、もっと上手になりたくて、。」
莉乃「で、でも何でここで?」
英治「なんか…気分てきに、ここでひきたくなってね。」
莉乃「そ、そうなんですか…?え、英治さ…英治君。」
英治「?何?」
莉乃「その紫色の人形って?」
英治「ああ、これね。この子はカロン。俺の大事な人形さ。」
莉乃「へ~…」
英治「え、引かないの?!この事話すと皆引くんだけど。」
莉乃「だ、だって私も持ってますもん。ほら。」
英治「あ、本当だ。この子は?」
莉乃「も、ももです…」
英治「ももちゃん…ずっと一緒なの?」
莉乃「は、はい。3歳ぐらいのとき、誕生日プレゼントでもらいました。」
英治「へ~…あ、もう時間だ。じゃあ。」
莉乃「さ、さよなら…」
英治「さよならじゃなくて、ばいばい、でしょ!」
莉乃「え、えっと……ば、ばいばい…」
英治「うん!ばいばい!」
莉乃「ど、どうしよー…あの英治さんと話しちゃった~…」
いかがだったでしょうか?誤字脱字などがあったらすみません。では、また6のお話で(^_^)/~

いおりん 2016年9月12日 01:28 ID:MjcwNjE0O

今回はカラカラ子だぜ!

カラ松「なあ、カラ子」
カラ子「何よ…」
カラ松「好きだ」
カラ子「そんなの知ってるわよ 毎日言うじゃない」
カラ松「本当に愛しているからこそのことだぜ?」
カラ子「はいはい… 私もそろそろ疲れてきたのよ」
カラ松「ど…どういうことだ?」
カラ子「あんたと過ごすのに疲れたの」
カラ松「オレに呆れたというのか…そんなカラ子のために今日は特別なことをするぜ」
カラ子「何よ…どうせくだらないことでしょ 痛々しい」
カラ松「大変ご多忙お兄さん 地球あちこちぐるぐる~♪」
カラ子「…!」
カラ松「顔面セーフにご用心 青春・花吹雪 てってってってってってってっててれれれ」
カラ子「めそめそで ぐずぐずで お涙ちょーだい! トレンディ~」
カラ松「まるさんかくしかくで また明日!」
ふたり「ふ~ふふふ ふんふんふふんふん♪ ふ~ふふふ ふふふふふっふふ~」
ふたり「ふ~ふふふ ふふふふふふっふ~ ふ~ふふふ ふふふふふっふふ~」
カラ子「っははっ ふたりともサビのとこの歌詞わからなかったのね!」
カラ松「ああ オレ達は似た者同士なんだ これからも仲良くしていこうぜ?」
カラ子「ええ…でもね、今の状態では言ってしまうとヒモよ」
カラ松「そうだな…近いうちに仕事を探さないといけないな」
カラ子「本当に…?」
カラ松「ああ ふたりが幸せに過ごせるように、ふたりで協力していこうな」
カラ子「ええ!」

ゲームっ子 2016年7月16日 21:59 ID:NjE5Nzg5N

女:倉科夏帆 男:夢久良ラージ(ハーフ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏帆「うううっ・・・健斗ってばぁぁぁぁぁぁ・・・・飾り物ってひどいよぅ。確かに私はマネージャーきっての番長だけどぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。」
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
夏帆「・・・・ん?教室からギターの音?」
そっ・・・・
ラージ「ナンデーキミハーナクノゼヨー」
夏帆「あっ・・・ブラジルと日本のイケメン書道部ハーフのラージ君・・・」
ラージ「夏帆・・・さん?どうしたの?」
夏帆「あうう・・・好き…曲」
ラージ「僕は君が好きだよ?夏帆?」
夏帆「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
ラージ「???」
夏帆「こんな気持ち・・・おかしい・・・・好きな気持ちなのね・・・・・これが本当の・・・・」

甘猫 2016年4月2日 07:52 ID:NTAwNjE0N

ニョタで眼鏡っ子なセーラー服日本さんと自国の国旗が描かれている服を着ているアーサーができた島国は萌えの宝庫です

とびっこ 2016年2月28日 13:13 ID:NTQyMjIxO

6の続き

梓母 梓ー!買い物行ってきてー!
梓 わかったー!

~帰り道~
♪~
梓 ギターの音きこえる!良い音だなー優しい音色
涼行動 鼻歌
梓 あそこだ!
涼 あっ!
梓 えっ?
涼 いえ
梓 いい音色だね!
涼 ありがとう。
梓 名前なんて言うんですか?
涼 涼介です//
梓 涼介?あっ!もしかして啓太のいとこですか?
涼 そうですけど//
梓 やっぱり!
  啓太がよく話してくれます!
  私、梓っていいます。
  よろしくね!
涼 よろしく//
梓 ??
涼心 やばい、普通にはなせない
梓 あっもう行かなきゃ!
  それじゃさよなら!
涼 ///

8に続く

あんぱん 2015年9月12日 18:02 ID:MjY1NzM1N

男 俺…ギタリスト目指してるんだ…聞いてくれないか?
女 わかった…
…………
男 どうだった…?
女 …(へ、下手すぎて何も言えね~~~~)

ってのができた

ちっぴー 2015年4月11日 06:50 ID:MjM2OTA4N

みんなのコメントおもしろーい!!

ゴマあざらし 2015年3月30日 19:26 ID:MTExNTQwN

このシリーズいいな。
だいたいのやつでBLがつくれる。
くのシリーズ好きだ!

カゲプロファン 2015年3月14日 19:35 ID:NDMyMjQ3M

男の人にギター教えてる女教師みたいなのが出来た♥                 かわいいいっ      

karen 2015年1月27日 15:54 ID:NTE3MjY5N

ごめんなさい
途中で終わらせて
続き書きます
亜樹「えっ!少し考えさせて」
涼太「分かった」

次の日
亜樹「涼太、昨日の返事なんだけど
    あのね・・・・・」
涼太「無理して言わなくってもいいんだぞ」
亜樹「でも・・・・」
亜樹「本当の事言うね
   本当は、涼太が好きなの
   でも、言えなくって、昨日涼太が言ってくれてやっと決心ついて、
   でも、怖くって」
涼太「そうだったのか、なんかごめんな」
亜樹「大丈夫」
亜樹「私、涼太が大好き♡♡♡♡]
涼太「ありがとう、俺も大好きだ」

karen 2015年1月27日 15:44 ID:NTE3MjY5N

二人は幼なじみです

女の子・・亜樹  男の子・・涼太

♪~♪~♪~

亜樹「なんか聞こえる、聞いたことのある曲
    懐かしい曲、教室から聞こえる行ってみよう」
涼太「♪~♪~♪~」
亜樹「やっぱり聞いたことある、涼太だったんだ」
涼太「亜樹じゃねぇーか。どうしたんだ?」
亜樹「涼太が弾いてた曲が聞こえたから」
涼太「そうだったのか」
亜樹「うん、良くその曲弾いてくれたよね」
涼太「そうだな」
涼太「おい、亜樹泣いてるのか」
亜樹「えっ!泣いてないよ
    走ってきたから汗がだたんだよ」
涼太「ホントか?」
亜樹「ホントだよ。でもなんでだろう、悲しいわけでも、辛い訳じゃないいのに、涙が止まらない
    何でだろう?」
涼太「おまえ、大丈夫か」
亜樹「分からない」
涼太「俺なら、お前のことよく知ってるし、お前を悲しませたりしない
    だから、俺と付き合ってくれないか?」
亜樹「えっ!少し考えさせて

ゲーム好き名無しさん 2015年1月17日 20:48 ID:NjMzNTU5O

リオ、、、リ 真夏、、、真

 親友の男、真夏に恋をした。、、でも、、、思いは、、、届かない、、、
 ♪~
リ「、、、ギター、、、、、ッ」
 生徒会室から出るとアコースティックギターの音が聞こえた
 
 タン、タタン、、、、、♪
  
 この曲、、、、、
リ「真夏ッ、、、、、」
 走って2階に上がって教室に入る。

 教室
 
リ「、、、、、、、、!」
 真夏だ。
リ”この胸の奥に潜んだ、、、恋は 伝えられるのかな、、、? あの心が鳴り響く、、、、‘
 
真「リオ、、、、、/////」
 ギターを弾いて真夏が呟く、、、
リ”伝えたい、、、、
 
真「ないてっぞ?」
リ「あれ、、、、、、、?」

 頬がぬれている。。。。。
 
リ「歌と、、、心が、、リンクして苦しいの、、っ伝えたいの、、」
真「言ってやるよ、俺が///////」

 え、、、、、、?
真「好き、、、、」
 
リ「んっ、、、、、、、、、、」
 
 
 

♫MISAKI♪ 2014年12月25日 15:45 ID:NDQ5NTQ1N

6の続きです(*´ω`*)♪
女 朝倉 美音/1&6と同様  男 中坂 宏太/3と同様
その他 佐谷 真美/2と同様  菊谷 彩夏/新キャラ、美音・真美と同じクラスの吹奏楽・友達
_____________________________________________________________________
真美「美音!!」
美音「真美と彩夏!!
     どうしたのっ??」
彩夏「プレゼントよ」
真美「この紙を読んで」
美音「えっ!!わかった」
手紙[朝倉美音様へ
    あなたは学校のホームページモデルに
        にんていされました、よって、小さな部屋をあたえます
              ~校長・学校先生一同~]
美音「えっ!!嬉しい!!」
真美「でしょ!」
彩夏「まさにこの学校の
      お姫様だよっ!!!!」
真美「これカギよ」
彩夏「場所は000をまがって
       00000があるところの近くよ」
真美「行けばわかると思うよ!!
        美音ってかいてあるからね」
美音「はーーい」
~~美音の小部屋についた~~
美音「すごいすごい!!」
ガチャ
美音「うわぁ~
     すてきぃ~」
~~美音がどこかへいった~~
宏太「美音はどうしたら付き合ってくれるかなぁ・・・」
ドン
宏太「いってぇ~・・・なんだ、ドアか・・・
      美音の部屋???いつの間にか・・・
          おっそうだいいこと考えちゃった」
~~美音が帰ってきた~~
♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
美音「なぜギターの音が??」
ガチャ
宏太「よっ!!おじゃましてます」
美音「ホントウにじゃまなんだけど」
宏太「俺と付き合ってくれ」
美音「はぁぁ~~」
宏太「いいの??」
美音「この音楽は気に入ったけど
      付き合うなんてイヤダ!!!!!」
宏太「チェ」舌打ちをした
美音「なぁ~に??文句??」
宏太「おじゃましましたぁ~」
美音「おじゃまでしたぁ~」(あいついなくなってヨカッタ)
コンコン
美音「はぁ~い」
真美「真美と彩夏です」
美音「どうぞ!!」
彩夏「うわぁ~
     豪華だね!!」
真美「いいなぁ~」
彩夏「ねぇ、この部屋で遊びたい」
真美「あたしもぉ~」
美音「いいよぉ~
     遊ぼぉ~」
~~そのころ~~
宏太「もう・・・もう決めた
       次こそは必ず、絶対に・・・」
___________________________________________________________________
長文ごめんなさいΣ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ
できれば8へ続く
~~~~~~

のら 2014年12月24日 01:12 ID:NDc3NjQyN

月刊少女野崎君の千代ちゃんとみこりん出来たw

パソコン中毒の人 2014年12月18日 20:19 ID:MTg1MjIzM

やべぇ。女の子を男の子にしたら予想以上に男の子だ・・・←
これは妄想が広がりますね((真顔

ひまわり 2014年12月4日 21:27 ID:ODcxOTIyO

お話作ってみました

女1「きゃー、あの兄弟またやってるよ」
女2「ほんとだーでも」
12「青戸様かっこいいー」
男1「うわ、まただな」
男2「うわでも、」
12「琴音ちゃんかわいいー」

琴「らららららら~・・・・・」
青「ジャジャア~ン」

よく分からなくてごめんなさい

アンパンマン 2014年11月9日 21:52 ID:MzM5MzkwN

怒ると怖いヤンキー女子・金城亞久亞
ヤンキーだけどとてもいい人・栗原蓮斗

(亞久亞)授業行きたくねーさぼっちゃお♪
(蓮斗)♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
(亞久亞)あれなんか聞こえる…
(蓮斗)いつもそう
(亞久亞)いい歌だな…(心のこえ)
(亞久亞)あれ、なんでだ涙が出てくる…
(蓮斗)聴いてるんだろ?出てこいよ
(亞久亞)!? 出てくる
(蓮斗)聞いてくれてサンキュ
(亞久亞)フッ、ま、いい曲だったよ、頑張れよ(ニコッ)

end

遊戯 2014年11月3日 16:49 ID:MTQzNDgwN

〈ガラッ〉
女子「(白神君ってギター弾くんだ)」
遊戯「どうした?」
女子「ギターの音がしたので!」
遊戯「あ、煩かった?」
女子「いえ!かっこいいです!」
遊戯「サンキュ。」
女子「何か弾いてくださいませんか?」
遊戯「いいよ、一曲だけな」

ころろ 2014年10月30日 20:39 ID:NTU4MTY2M

PCがいつもと違います。

こんばんはころろです!
今回はなんと・・・あの二人が…出会います!
では登場人物と本編へGO!

人物
女の子:佐山台 由春(さやまだい ゆはる)
     東郷路 弥人(とうごうじ やひと)

由春「てれっつてっつてててーつてー♪・・・ん?」
なんだろう、この風に乗ってかすかに流れてくる音楽・・・
由春「きれいな音・・・」
近くで聞いてみよう・・・
「♪あまおーとがーきーこーえるーきみのーかみーをぬらーしてくー♪」
由春「・・・わあ・・・!」
きれいな歌声と・・・いいメロディのギター・・・
弥人「♪ずーっとーふたーr・・・・ん?」
由春「・・・」
弥人「・・・」
由春「あ!え、演奏止めてしまってスミマセン!あ、あまりにきれいだったもので・・・」
弥人「いいっていいって。別に人に聞かせるためにやってるんじゃないし・・・。」
由春「でも、すっごくよかったです!その曲・・・聞いたことないですけど、なんかの曲ですか?」
弥人「いや、俺のオリジナルだよ。」
由春「す、すごいですね!曲も作れるなんて・・・!・・・あ、私、A組の佐山大由春っていいます。」
弥人「俺はB組の東郷路弥人。よろしく、由春。」
由春「よ、よろしくお願いしm」
弥人「タメでいいよ。俺ももう普通にタメだし。」
由春「あ・・・じゃあ・・・よろしくね、弥人!」
弥人「よろしく!」

                                                   つづく

桜桃 2014年10月25日 10:29 ID:MTE1MjMzM

風早「俺、ギター始めたんだ。よかったら聞いてくれるかな・・・・?」

爽子「うっ・・・うん!」

風早「・・・・やっば・・・(どうだったっけ・・・)」

爽子「風早くん・・・?」

風早「ちょっと、待ってね!」

おわりw

はみ 2014年10月22日 22:24 ID:NDk2MTU4O

向日葵な毎日 第一話
女:萌衣 男:賢 萌衣の友達:恵夢

恵夢「萌衣ー!早く早く!もうリサイタル始まっちゃってるよ!」
萌衣「待って恵夢!そんなに急がなくても…」
恵夢「これが急がずにいられるか!超イケメン軍団の軽音楽部のリサイタルなんだよ!?早く行かなきゃだよー!」
萌衣「恵夢は本当にイケメンが好きなんだから…」

恵夢「つーいたー!!」
萌衣「恵夢、静かに…もがっ」
恵夢「ほら萌衣、見て見て!」
萌衣「わあ…」

賢「♪この桜の木の下で君に巡り合えた奇跡♪運命の相手とは君のことかもしれないね~♪」

恵夢「彼がこのバンドのボーカル兼ギター担当、鷹野賢先輩なんだ~!賢せんぱ~い!カッコいい~!!」
萌衣「カッコいい…」
恵夢「でしょでしょ~?あーん、もうダメになりそう~!このイケボ!たまらない!!」

賢「♪……皆さん、俺たちの曲を聴いて下さり有難う御座いました。…俺たちは現在3人で活動しています。ボーカル兼ギターの俺、ベースの瑛太、ドラムのいずみ…見ての通り、うちにはキーボードがいません。それで、今、俺たちの軽音楽部ではキーボード担当を募集しています。希望する方は南舎二階にある部室までお願いします」
瑛太「初心者歓迎するぜ!」
いずみ「待ってるよ!」
賢「それでは今回のリサイタルを終了します」
ぱちぱちぱちぱち!

恵夢「いやー、最高だったね!でも入部希望は出来ないな~…私、キーボード出来ないもん…。うう…。萌衣はどう?」
萌衣「…考えとく」
(萌衣:賢先輩…また会えるかな?)

続く!

ゆいな 2014年10月19日 16:56 ID:MzgxMTM3M

皆、凄いなー

ゲーム好き名無しさん 2014年8月26日 14:56 ID:NTE1NTcwM

6の続き

有咲 佑香かえろー!
佑香 うん
佑香 忘れ物しちゃった!
佑香 ちょっと待ってて
有咲 わかった 前で待ってる♪

校門前

♪~ ♪~

有咲 あっだれかギター弾いてる

連 ♪~ 
連 っ!

有咲 すごーい!
有咲 じょうずだったね☆

連 ありがと//

有咲 ?? 

佑香 おまたせぇー!
有咲 大丈夫ー!

佑香 何してたの??
有咲 この人のギターきいてたんだ♪
有咲 この人上手なんだよ!!

連 こんにちは
行動 頭を下げる

佑香 ッ!
有咲 どうしたの??
佑香 なんでもないよっ//
有咲 ??

佑香 有咲かえろっ!
有咲 うんっ
有咲 ギターの人さようならー♪

8に続く
連 //
行動 手を振る

♬にゃんにゃん♬ 2014年8月25日 21:05 ID:OTU4NjA0M

6の本編?
女 皐月 男 佑駕

皐月「佑駕、何処行ったんだろ?」
♬〜♬〜♬
皐月(この声、それにギター・・・まさかっ)
がらっ
佑駕「皐月 やっぱり来てくれると思ったよ」
皐月「何でっ!こんな事をっ!心配じゃないっ!」ハァっ
佑駕「ゴメンね・・・ でも、聞いて欲しい曲があるんだ」
皐月「何?」
♬〜♬〜♬〜♬〜♬
佑駕「どう?」
皐月「ばかっ!」
佑駕「・・・へ?

皐月「『僕の恋愛一方通行かもしれない』だなんてっ!」
佑駕「あーうん 僕そう思ったんだ 皐月に、愛されて・・・」
皐月「ない訳ないじゃない!」
皐月「何それ!?私信用されてないの!?私だって佑駕の事好きだもん!」
佑駕「皐月・・・」
皐月「私の事好きなら信じてよ!そういうものでしょぉっ!」
ぎゅっ
佑駕「ごめん 僕気持ちで負けてた ずっと不安だったんだ・・・」
佑駕「だけどもう大丈夫 皐月の気持ち知れたから」
皐月「ありがとう 大好きだから」
佑駕「僕も 皐月だけが大好き」

ゲーム好き名無しさん 2014年8月16日 11:43 ID:MTM5MTkxO

女:りま 音楽大好き 男:高彦

りま「音楽の勉強してたら,もう5時になっちゃた!!早く帰らないと!」
りま「あれ?家の鍵がないや。あーー!机に忘れたんだーーー!めんどくさいなー」
教室前廊下
♪~♪~
りま「あれ,まだ教室誰かいる?」
高彦「う~ん、まだここが違うな」
りま「(高彦君だ。でもまだ喋ったことがないから入りにくいよ~)」
♪~♪~
りま「でも,この音いい音だなぁ~」
りまは思わず高彦までに聞こえる声で言ってしまった
高彦「誰!?」
りま「わーーー!ごめんなさい!ごめんなさい!邪魔してごめんなさいーーー!!」
高彦「大丈夫だけど・・キミ誰だっけ?」
りま「あっはい,りまで良いです」
高彦「ありがとう。僕は高彦よろしくね。りま」
りま「はい////」
りま「(きゃーー初めて,りまって呼ばれたーー!!嬉しいーー///)」バタバタ
高彦「あのー大丈夫?」
りま「ハッ,あっはい大丈夫です!」
高彦「それで,りまは何しにきたの?」
りま「あっそうでした。家の鍵をとりに来たんでした。」
ガタガタ
りま「あったーーーー!!」
高彦「良かったね」
りま「はい!」
高彦「あのさ,りま」
りま「はい?」
高彦「ちょっと,お願いを聞いてくれないかな」
りま「はい!なんでもオーケーですよー」
高彦「りまってさ音楽大好きだったよね」
りま「はい!!世界で一番大好きです!」
高彦「じゃあさ,僕のギターに合わせて歌ってくれないかな」
りま「えっ!」
高彦「やっぱり駄目かー」
りま「いや,そうゆうわけじゃないんです」
高彦「えっ?」
りま「ただ,私なんかでいいのかなっと思ったんです」
高彦「りまだから,言ったんだよ」
りま「えっ」
高彦「りまみたいに音楽好きはあんまりいないからギターと合わないからさ」
りま「・・分かりました。やります」
高彦「本当に?無理しなくていいよ?」
りま「いいえ,やります。ギターを弾いてください」
高彦「じゃあ,いくよ」
りま「はい」
高彦「1・2・3・4・」
♪~♪~
高彦「けっこう,うまくいったね」
りま「はい!」
高彦「じゃあさ,一週間後の文化祭で僕達の歌聞いてもらおうか」
りま「はい!!」
文化祭当日
高彦「りま,大丈夫?」
りま「はい!ぜんぜん大丈夫です!!」
司会者「次は高彦&りまでーす」
高彦「じゃあ,行こう」
りま「はい!」
高彦&りま「よろしくお願いします」
司会者「はい!それではよろしくお願いしまーす」
高彦「1・2・3・4・」
♪~♪~
客席「ワーーーーー」
高彦とりまの歌は客席を騒がせました
文化祭で優勝した高彦とりまは付き合い,音楽の道を一緒に歩み続けました
おしまい
長くなって大変申し訳ありません
最後まで読んでくださった方ありがとうございました。

ゲーム好き名無しさん 2014年8月14日 15:39 ID:NDQ3Mzc5M

音色が聞こえる・・・・・・・・
時が止まりそうな音
ちらっ
少しだけ覗くとそこには
「あなた」がいた
涙を流す、けど彼はこちらを見ない。いいのうん。
記憶を消したのは私だから

さくら 2014年8月1日 22:02 ID:MzM5MDY0M

注・これはみなさんが書いているような会話はありません。

なんだかギターの音がするな・・・
あ、その制服超名門の高校の制服じゃない。名前は忘れたけど。

っていうか、その人超かっこいいなぁ

これを、ひとめぼれっていうのかな…

その高校に中学の時の部活の先輩がいるから、ちょっと色々聞いてみよう。

先輩、元気かな・・・

終わり

続きは1の予定です

れっれれっれれえ 2014年7月30日 15:13 ID:NzkxOTA5M

女…春李  男…祐貴 春李の彼氏。 設定…5年の再開!!   
春李…めぐバイバイ( ´ ▽ ` )ノ
めぐ…バイバイ( ´ ▽ ` )ノ
♪♬♪♪♬♫
春李…誰だろう?すっごく素敵!     えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
祐貴…えっΣ(゚д゚lll)  ははははは春李!!!!!!!!!
春李…うっうん!本当に祐貴?どどどどどどうして?
祐貴…夏休みだから帰ってきたんだ!
春李…ふーーーん!でもさぁなんでギター?
祐貴…最近ギターに目覚めてさ!何か聞いてもらいたくて(*´д`*)
春李…バカだよね!たいして上手くないのにさ
祐貴…わりぃな!帰るよ…..
春李…待って!私が一番に聞きたっかったの!バカバカバカバカ
祐貴…じゃあ聞かせてやろうか?お前だけに届ける歌!
春李…いつ考えたのよぉ!
祐貴…ギター始めた時からかな?
春李…ありがとう!愛してるわ!
祐貴…結婚しないか?俺たち!!!!!!!
春李…はい!お願いします!!!!!
ILOVYOU♡  結婚して子供が生まれました!!!

ゲーム好き名無しさん 2014年7月28日 20:18 ID:NTk3NTQ2O

女子:相川 美稀 男子:佐々木 海里
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美「委員会がながびいちゃった早く家に帰らなきゃ」
♪~♪~~♪~
美「ギターの音?でも誰が・・・・?」
美「ちょと見てみよう」
そ~
美「海里くん・・・・?」
海「ん・・?誰だそこで覗いてるのは・・・」
美「あっ」
海「美稀・・・?」
海「早く来いよ」
美「う・・うん」
海「委員会の帰り?でも、ずいぶんおそいな・・・」
美「うん、ながびいちゃって・・・・」
美「海里くん・・・ギター弾けるんだ」
美「習ってるの?」
海「習ってないけど、お父さんが教えてくれたから・・・・」
美「へぇそうなの上手だね」
海「本当にそう思う?」
美「ええ本当よ」
海「・・・・」
美「何か変なことでも言った?」
海「いや・・・別に・・・ただその・・・嬉しくて」
美「そうだ!今度の文化祭でギター弾いてみない?クラスの出し物として・・・」
海「・・・・いいけど本当にいいのか?勝手に決めて・・・」
美「あさっての会議(委員会)に来てくれる?」
海「委員会に?なんでだよ」
美「現実的な人が多いのよ証拠がないと信じてくれないわ」
海「証拠にギターを弾け・・・ってことか?」
美「ええそうよ!いいでしょ?」
海「ああ・・・まあいいか」
そしてあさっての会議で
議長「文化祭でのクラスの出し物を決めます候補はありますか?」
美「はい!」
儀「美稀さんどうぞ」
美「海里さんにギターを弾いてもらうのです」
みんな「えっ嘘でしょ!?」
儀「静かに!今は美稀さんが話しているのです静かに聞いていなさい」
儀「証拠はあるのですか?」
美「はいもちろんあります」
美「今から海里さんに実際に引いてもらいます」
♪~♪~~♪~♪~~♪
儀「お上手ですね」
海「ありがとうございます」
儀「分かりました採用しましょう2年B組の出し物はこれで決まりです!」
そして会議が終わり・・・
海「あ~疲れた」
美「嘘、ギター弾く以外何もしてないのに?」
海「お前は慣れてるからだろ」
美「・・・・・・・そうかも」
そして文化祭当日
司会「つぎは2年B組です」
♪~♪~~♪~♪~~♪~♪~♪~♪~~♪~
観客「わ~わ~~~」
舞台裏
美「大成功だったね」
海「ああ予想以上にうまくいったぜ」
なぜこのシリーズの1に続く

ゆあ。 2014年7月23日 09:41 ID:Njk2MjcxM

女の子が歌っておられる。
将来歌手になりたいらしい。
二人でユニット組めばいいのに。 ((

るるr 2014年7月19日 14:55 ID:MzkxMzUxM

女の子 るる 男の子 たつや

るる 君が転校生のたつやくん?
たつや そうだけどなに?
るる ギターうまいなとおもって、そのギターいくらなの?
たつや それはどうも、ギターは500万ぐらい?
るる お金持ちなんだね!
たつや そうだよ!ギターの話しない?
るる うん!
たつや ここはこうして弾くんだよ!
1時間後
るる 今日は教えてくれてありがと!また明日ね!
たつや ま、まって!
るる ?
たつや す、好きだ!
るる ・・・・・・・・・・・・・
るる 私も好きだよ・・・・・・・・ また明日ね!
たつや う、うん バイバイ

読んでくださりありがとうございました!今度は10編でお会いしましょう!さようなら!

うい 2014年7月15日 21:49 ID:MjgwOTgxN

ギャグって感じです。

登場人物  みみ・耕太

み「なんですか、こんなとこに呼び出して。」
耕「君に捧げるよ」
耕太がギターを弾き、みみのすきなところをどーたらこーたら引き語りしだした。
耕太の心の中(みみは今、俺をみて顔を赤らめ、そしてこの曲が終わった後きっと俺に抱きつき、自らすきです!!といってくるだろう♪ふふ・・・まさに計画通りだな!!♪」
曲がおわった。
耕「みみ、どうだっ・・((み「キモ」

えええええええええええええええええええええええええ!!?by耕太

ゲーム好き名無しさん 2014年6月30日 19:55 ID:MjE4NTg2O

続き。
真奈「しゅっ、秋夜!?」
秋夜「真奈っ!?」
真奈「何で、秋夜がここに?ギター弾くスタンバイとかしないの?もうすぐだよ!」
秋夜「ああ。知ってる。ちょっと落ち着きたかったんだ。」
真奈「秋夜・・・」
秋夜「なんとなく真奈に会えるような気がしてた。」
真奈「本当?」
秋夜「ああ。」
真奈「そっそうだ。本番この曲弾くの?」
秋夜「そのつもりだ。」
真奈「綺麗な音色だし、いい曲だね。」
秋夜「ありがとう。でも、真奈の方が綺麗だ。」
真奈「えっ。何言って・・・」
バサッ・・・・チュッ
真奈「きゃぁぁぁ!!!しゅっ!秋夜!?」
秋夜「真奈が・・・好きなんだ。」
真奈「なっ何!?急のキスの後に、急の告白って!!!」
秋夜「ダメ・・・なのか・・・」
真奈「ダッダメじゃないけどっ!」
(いっいやいやいや!何言ってんの私!?普通ダメでしょ!?)
秋夜「じゃあ、何故顔があかいんだ?」
真奈(うそっ!!??私、顔赤いの!?)
秋夜「真奈?」
真奈「うぅぅ・・・」
(なんか、恥ずかしいよぉ・・・・)
秋夜「何故顔がもっと赤くなっていくんだ?」
真奈「!こっこうなったら赤くなるのっ!!!」
チュッ
秋夜「こうなったら・・・・」
真奈「ほっほら!秋夜顔あかいよっ!」
二人「あはは・・・。」
二人は、こうして恋人に、なりました!

ゲーム好き名無しさん 2014年6月28日 20:21 ID:MjA0MzAwM

女・・・真奈(まな) 男・・・秋夜(しゅうや)二人は、幼なじみで頭がいい、モテル
真奈(明日からテスト期間!頑張って、勉強しています!)
真奈「えーとっ、この問題が、こうで。こっちが、こう!」
スラスラスラと、問題を解いていった
              [次の日]
真奈「あっ、秋夜!おはよう。」
秋夜「おはよう。」
真奈「今日から、テスト期間だね。あと、文化祭も近いね。」
秋夜「そうだな。文化祭か・・・・」
真奈「一緒に文化祭まわってく?」
秋夜「・・・」
真奈「そうだ!秋夜、クラスの出し物で、ギター弾くんだったよね?」
秋夜「ああ。」
真奈「じゃあ、一緒に行けないね・・・・」
(私は、ショックだった・・・)
秋夜「なら、俺のクラスの出し物を見に来てくれ。その後行こう。」
真奈「うん!」
(なんだか、急に気分が、晴れた気がする。)
               [文化祭当日]
真奈「はぁ、クラスの子達、人使いが荒すぎるよー。」
タッタッタと真奈が歩いていると、音がした。
       〈♪~~~♪~~~~〉
真奈「?何だろう?綺麗な音・・・」
真奈は、音がする方に歩いていった。
ガラッと真奈は、扉を開けた。
続きは、あとで

七海 2014年6月23日 15:25 ID:NDU1ODA1N

  可愛くできた

リンレン 2014年6月21日 15:04 ID:OTkxMTExO

ミクレンが出来た!

メカクシ 2014年5月31日 13:11 ID:MTQ1NDY0M

アヤノ「シンタローこんなところに居たんだ」
シンタロー「下校時間過ぎてるぞ」

と言う私の妄想

カノキドエネセトマリーコノハモモヒビヤシンタロー 2014年4月23日 18:54 ID:NjAzMzE0O

面白い

芽亜莉依『メアリー』 2014年4月23日 18:48 ID:NjAzMzE0O

桜木マロンさんの物語素敵です。

ゆい 2014年4月13日 14:10 ID:MjY3NzUyM

スーダン2の七海と日向の物語つくりました

モノクマ「やい!ウサミ!お前はその白色の肌が似合ってないんだよ!こうしてやる!」
ボン!
ウサミ「きゃあああああああ!!なんでちゅかこれ!!!ピンクx白だなんて!全然かわいくないでちゅうううう」
モノクマ「オマエの名前は今日からモノミだ!僕の妹なんだぞ!」
モノミ「そんなのさせまちぇん!!!」
喧嘩
モノクマ「ん?日向君と七海さんと声がする・・・」
モノミ「ほんとでちゅ・・」
その頃の七海と日向
七海「ふあぁーねみぃー・・・」
七海「ぬぬ!あれは日向君・・・?と思う」
七海「こっそりのぞいてみよう・・・」
七海「ギター弾いてる」
七海「ひーなたくん。なにしてるの?」
日向「うわあああああああああああああ」
七海「?」
日向「お、おい七海!いまみたな?」
七海「今、見ました。」
日向「他の奴らには、俺がギター弾いてること、言うなよ?」
七海「うん。けどひとつお願いがある」
日向「なんだ?」
七海「私のイメージソングをつくって、明日弾いて」
日向「おいおい、おれはプロじゃないんだぞ?第一、そんなにうまくないs((」
七海「じゃあ日向君お願いね」
日向「お、おい!七海!!」
日向「行っちまった」
日向「七海のイメージソング・・・」
日向「♪~♪♪~♪♬♪(テトリスのBGM)」
日向「これじゃまるっきりパクリじゃないか・・・」
日向「ああああああああ!!!」
日向「七海、七海、七海」
一方その頃のモノクマとモノミ
モノミ「日向君・・・変態になっちゃってまちゅ・・・」
モノクマ「うぷぷ。日向君の変態疑惑を左右田君にでも伝えに行こうかなー?うぷぷぜつぼーてき!!」
モノミ「させまちぇん!!」
喧嘩
一方ほかのキャラ達は
左右田「さっきなんか日向の叫び声しなかったか?」(ああああああああの時です)
狛枝「そうだね。なにかあったのかもしれないよ。まさか殺し合い!?これ以上希望をなくすわけにはいかないよ!左右田君!日向君を探しに行こう!!」
左右田「おう」
一方その頃の日向
日向「もうテトリスのBGMでいいかなー・・・」
日向「けどそれだと七海が俺がギター弾いてたことみんなに言いそうだなー・・・」
日向「ああああああ!!どうしよおおおおおお」
日向「七海七海・・・」
左右田たち
左右田「お?あれ日向じゃね?」
狛枝「なにか呟いてるね」
日向「七海七海七海・・・」
左右田「おい!七海っていってるぞ」
狛枝「日向君は実は変態だったんだね」
左右田「みんなに言いに行こうぜー!!!」
翌日
厨房
日向「おはよー・・・」
西園寺「うわーきたぁー変態おにぃ!!!」
小泉「ひ、ひよこちゃん!」
日向「?」
日向「お!罪木!おはよう」
罪木「ひ、ひぃ!!!」(逃げる)
日向(今日はみんなの様子がおかしいぞ)
日向「左右田!おはよう」
左右田「おーきたきた。七海大好き変態日向」
日向「はぁ?」
左右田「だって昨日、ずっと七海七海・・・っていってたじゃねえか」
左右田「七海の事いやらしい目でみてたんじゃねえのかよ?」
日向「それは違うぞ!」
左右田「なにが違うんだよ!」
日向「昨日、七海に七海のイメージソング曲をつくってきかせろって頼まれたからずっと七海の事考えてたんだよ!」
左右田「そ、そうだったのか!!」
ソニア「あらやだ!左右田さん!最低です!!」
左右田「そんなぁ!ソニアさん!!!」
これで日向はちゃんと七海のイメージソング曲をつくり聞かせてあげることができたのでした
終わり

ゲーム好き名無しさん 2014年4月13日 12:40 ID:MjUyNDExO

女の子 【黒川 玲那】 男の子【白川 光輝】
玲那「今日が高校ライブって、忘れてたーッ!」
光輝「緊張すんなよ・・・・たかが高校ライブで・・・」
玲那「だって~(泣)」グスン
光輝の友達「お~い、白川~」
光輝「んだよッ!」
光輝の友達『がんばれよ。アレ』コソッ
光輝「うっ・・・・//////」カァァァ
玲那「光輝?どうしたの?」
玲那の友達「玲那ちゃ~ん♡」バサッ
玲那「・・・・・!!」
玲那の友達『アレ、言うの嫌かもだけど頑張って。ライブも』ポロポロ
玲那「うん・・・」
光輝「?」
高校ライブ担当「黒川さん、白川さん出番でーす」
玲那「はーい。」
♪♪♪♪♪♪♪~♪♪♪~♪♪♪♪~
♬~~~~~~~♬
~~~~~~~~~~・・・♬
観客「・・・」
玲那「(やっぱり下手だしダメだったかも・・・)」
観客「わああああああああああああああああ」パチパチパチパチ
光輝「やっ・・・た・・・(でもまだ終わってない!あと玲那のあいさつだけ・・・)」
玲那「ありがとー」ペコッ
光輝「玲那・・・・・・すごかった・・・・やるじゃん」
玲那「ありがと★」
光輝「あの・・・さ・・・玲那に言いたいことがある」
玲那「?」
光輝「俺、玲那の事が好きなんだ!」
玲那「・・・・!」
光輝「返事は待ってるから。」タッ
玲那「待って!」
光輝「!?」ビクッ
玲那「私も、大好き・・・だけど・・・引っ越すんだ・・・・」
光輝「え・・・どこに!?」
玲那「NY・・・。」
光輝「ニューヨーク・・・」
玲那「もう、会えないけど・・・絶対忘れないから」
光輝「俺だって忘れねーし!」
こうして、玲那はNYへと引っ越していった。

モフモフ 2014年4月12日 20:24 ID:MjU5MTQxM

女・・・七海 春歌 男・・・一十木 音也、来栖 翔
七海「ふゎあ~。ねむいぃ」
(ハッ!!つい、あくびしてしまった。昨日徹夜で、曲の歌詞をつくってました)
七海「ダメダメ!先生にせっかく音楽室、借りたんだから!」
来栖「相変わらず、眠そうだな。」
七海「くっ、来栖君!!」
来栖「いつも、無理するなって、言ってるだろう」
七海「むっ、無理なんてしてなっ、ひゃっ!」
(体が、ぐらっとしてしまいました。)
バッ
一十木「七海。大丈夫?」
七海「わわっ!一十木君!?」
来栖「音也!」
一十木「ごめん!!俺時間ないから、いくね。」
七海「一十木君ありがとう!またね」
来栖「七海。ギター、弾くから、聞いてくれる?」
七海「もちろん!」
来栖「弾くぞ」
七海「うん」
来栖「~~~~」
七海「この曲(泣)もう、覚えてくれたの?」
来栖「そうだ。お前のこと好きだから」
七海「私も、好き」

芽亜莉 2014年4月7日 16:26 ID:MjYxOTY4N

6の続きです
女 桜薇 男 悠 友人 沙耶
☆次の日☆
桜薇「私今日告白しようかな・・・」
沙耶「いや、何で髪切ったのかが知りたいんだけど」
桜薇「これは気分!」
沙耶「そういうのってフラれたらするんじゃないの・・・」
桜薇「とにかく!今日放課後悠に告白する!」
沙耶「ムシされた・・・まあいいや 頑張って!」
桜薇「うん!」
☆放課後☆
桜薇「悠・・・ちょっといい?」
悠 「ん?いいよ?何か用?」
桜薇「いきなりでごめんだけど、私ずっと前から悠の事好きだったの!」
悠 「そうなの?全然気づかなかった ごめん」
桜薇「別にいいけど・・・あ、付き合ってください!」
悠 「いいよ」
桜薇「へ?」
悠 「オレも桜薇の事好きだったし いいよ」
桜薇「ほ、ホント!?」
悠 「嘘ついてどーするんだよ」
桜薇「感激のあまり涙がぁ(涙)」
悠 「ははっ 可愛いな」
桜薇「っっっっっっっっうぅっ!」
こうして2人は付き合いました♪

藍子 2014年4月4日 17:41 ID:MTU1ODE0N

女の子:アイラ(妹)       男の子:ラミア(兄)

アイラ:うわ~カッコいい!! 誰かな?
???:♪~~~♪~~~♪~~
アイラ:うそ!  この声、お兄ちゃん?? (別人みたい・・・)
ラミア:お前は~どこにいるの~♪
アイラ:(ドキッ! って、ダメダメ!! お兄ちゃんは、好きになっちゃダメだよ・・・)
ラミア:あ・・・み~っけ♪
アイラ:え・・・?

みーな 2014年3月29日 11:14 ID:NTI0Mjc3M

間違えてしまい、
すみませんみりゆりさん・・・。みなさんすみません。きをつけますこれから。

みりゆり 2014年3月24日 20:52 ID:MjAzMTU0O

みーなさん
これが7だし、6の続きが正しいんじゃないんですか?
後、9じゃなく8です9ありません

みーな 2014年3月19日 16:25 ID:MzQ1MzQyO

男「匠」女「美紗」
7の続き
ぽろろろっろろーーーーーーーーーーーーーーーーん
匠「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁー」
美紗「匠!!」
匠「美紗・・・」
美紗「ごめんね!私、勘違いしてたみたいで・・・」
匠「大丈夫。俺も疑うような事したなごめん」
美紗「匠・・・」
匠「美紗!!」
抱き合う
美紗「ごめん・・・ごめんなさい」
9に続く

みりゆり 2014年3月14日 18:43 ID:MjY3MTIyM

男「白山 マシロ」(外国から来た音楽好きの少年) 女「伊藤 優」(ツンデレお嬢様)
ーーーーーーーーーーーーー桜川公園ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
卒業式終了後
優「はぁ・・・涼苺は、もう卒業しちゃうのよね・・・。寂しいわ。」
マシロ「優、どうしたんだい?ミーのギターでも聞いて元気出して。」
優「マシロ!実は・・・涼苺が卒業するから、悲しいと思ったのよ。」
マシロ「そうなんだ・・・(涙)」
優「何でマシロも泣いているの?」
マシロ「だって・・・・ミーの恋人ミラが、もうすぐ・・・・卒業しちゃうんだ。」
優「でも、きっといつか、会える日があるよ。」
マシロが元気を取り戻す
優「自分のギターで、オリジナル曲でも弾いてみて。」
マシロ「解った!優のためなら弾いてみる!」
プルルルルルルルルルルルルルン
終了
優「わぁ!前より上手になってる!」
マシロ「そうだろう?僕は、教室で何回も練習したんだ。」
優「そろそろ暗くなってきたわ。」
マシロ「そうだね。帰ろうか。」
優「うん!そうしましょう!」
サッ
END

サク 2014年2月25日 22:13 ID:NTI0NzA5N

Neru家のラク姉とテディ太(高校)できたーーーーー!!

桜木マロン 2014年2月21日 16:25 ID:NjQwODg1M

女・・・美咲
男・・・憲哉
友人・・・愛

美咲「鍵忘れた、取ってくるね」
愛・・・「うん」
憲哉・・・「忘れもんか?」
美咲・・・「う、うん。ごめんね、練習中に。」
憲哉・・・「いや、気にするな。」
憲哉・・・「あのさ、歌の練習しない?」
美咲・・・「う、うん」
愛…「遅いな」
これが、美咲と憲哉の、こいの始まりだった。

てぃくわ 2014年2月1日 14:40 ID:MjI4NzU3M

アスカとカヲル君できたー
電車内(次はー○○)
アスカ)「ふぅ。ネルフのシンクロテストは毎回だるいわね~><」
~♪
アスカ)「音楽ぅ!?日本では電車の中はマナーモードにするんじゃないの?」
~♪
アスカ)「ったく。迷惑なものね…。隣の車両からかしら?」
トタトタ ガラっ
~♪
アスカ)「ちょっと!あんたさっきからうるさいわよっ?電車の中のマナー守りなさいよっ!」
???)「おや?やあ、セカンドじゃないか」
アスカ)「うぐえっ⁉渚カヲル…。(なんで、ナルシスホモがいるのよぉおお!?)」
カヲル)「こんなところで会うなんて、奇遇だねぇ?」
アスカ)「…別に私はあんたなんてどうでもいいの。それより・・・」
カヲル)「ん?何だい??」
アスカ)「私、電車内でギター弾いてるキチガイ初めて見たんだけど(ドン引き」
カヲル)「あぁ、今はシンジ君に送る愛の歌を弾いてたんだよ?何か問題あるかい?」
アスカ)「問題ありありよっ!!公共の場でやるなっ!!ほかの日本人に迷惑よっ」
カヲル)「別に、シンジ君以外のリリンなんてどうだっていいじゃないか?」
アスカ)「こいつ・・・もう、だめだ」
the-end

みぃたん 2014年1月18日 18:27 ID:MTI5Mjk0O

女・・時之 姫香 男・・時之 龍之介
姫香「あぁ、ノート、教室に、忘れた!!」
姫香は、教室に、ノートを取りに行ったのです。
姫香「あっ」
龍之介「ん?」
姫香「すっ、すいません」
龍之介「気にしないでいいよ」
姫香「はい。ギター、ひくの上手いですね」
龍之介「一度、妹に、弾いてやった、気がするな」
姫香(そう言えば、私が、小さい頃にも、聞いたような)
姫香「あの、この、曲って」
龍之介「ああ、そうさ、あの曲だよ。お前の好きなあの曲」
姫香「もっ、もしかして、あなたは!」
龍之介「ああ、龍之介だ」
姫香「!!!!!!!!」
龍之介「そんなおどろくなよ」
姫香「にっ、兄様!!」
龍之介「ただいま、姫香」
姫香「お帰りなさい、兄様!!」

龍蓮 2014年1月15日 05:10 ID:MzIwMTEyN

服があれだけど、カゲプロのマリーちゃん出来た(∩´∀`)∩

鈴仙 2014年1月8日 17:13 ID:MjA4OTA1O

「♪~~」 「あっちの方から楽器の音が聞こえマスー」 テクテク 「あの人デスー」
聞いてみる 「お、歌い始めたデス」 「もしかしてだけどーもしかしてだけどー」 「か、かわった曲デス
「今この曲聴きに来てる子俺と付き合いたいんじゃないのぉー♪」「あ、この人ダメな人デス」
 
女の子は外人風

ゲーム好き名無しさん 2014年1月5日 14:06 ID:OTEyODMxO

女「杏菜」男「清二」
路上にて
清二「路上ライブやるぞ」
杏菜「うん今日は、亜麻色の髪の乙女でいい?」
清二「うん!」
ポロロロン
杏菜「亜麻色の長い髪を風が優しく包む~」
そして路上ライブをおえる
杏菜、清二「ありがとうございました!!」
杏菜「今日はたくさんの人が集まってくてたね!」
清二「うん!!」

リンツ 2013年12月30日 16:08 ID:NjE2OTMzM

~♪~♪~♪
美紅「あれ?ギターの音・・・?」
教室のドアを除く
美紅(わっ・・美少年がギター持ってる。。この人なのかな?
うぅ・・話しかけてみたいけど、、何か悪いし・・何言ったらいいのか・・・)
カタンッ
??「誰かいるのか!?」
美紅「!」(逃走)
??「・・?誰もいない・・・」

という感じでこの2人が高校生になって又再会という話を考えた(笑)。
(※2人は未だ中3です。)

ゲーム好き名無しさん 2013年12月26日 20:35 ID:NDY3NTEzM

女「真緒」男「秀樹」真緒と秀樹は付き合っている~秀樹はギターが得意~2人とも大学2年
数か月前
秀樹「俺、引っ越す事になったんだ・・・」
真緒「そうなんだ・・・・・・・」
秀樹「あさって引っ越すんだ」
真緒「どこに?」
秀樹「隣の神奈川県」
引っ越しの日
真緒「今日で・・・お別れだね・・・・・・」
秀樹「ああっ・・・」
真緒「じゃあね・・・(^_^)」
秀樹「うんじゃあな」
ちゅ♥
現在
真緒「はぁ~~~」
友達「どんだけ落ち込んでるの?いい加減たちなおりなよ」
真緒「・・・」
友達「スマイル!!」
真緒「ありがとう」
放課後
女1「きゃあ!イケメンがギターひいてる」
女2「ほんとだ!行こ行こ!」
真緒~ギター引いてる?いってみよ~
真緒「!!!!!!ひ・・・秀樹・・・!!」
秀樹「これでおわります」
みんなにお辞儀をする
真緒「秀樹!!」
秀樹「真緒!!」
ドッドドド2人がお互いのところに行く
ぎゅう抱き合う
真緒「会いたかった・・・」
秀樹「俺も」
パチパチパチパチパチみんなが拍手をする
秀樹「\\\\\\\\]
町を歩く
真緒「どうして戻ってきたの?」
秀樹「ずっと雨降ってただろだからだよ」
真緒「これからずっと一緒?」
秀樹「うんそうだよ」
真緒「うれしい!!」
2年後
真緒「おまたせ!」
秀樹「おおっ!かわいい服してんじゃん♫」
真緒「ありがとう」
高級レストランにて
真緒「おいし~~~」
秀樹「良かった。そうだ!これ」
真緒「えっ\\\\\\\」
秀樹「僕と結婚してください」
真緒「はい!」
happyend♫

46猫 2013年12月19日 15:17 ID:NzE4MTM0N

歳子「貴様、良い音をだすな」                                           銀「ありがとよ」                                                  歳子「しかし、一言言って良いか?」                                      銀「?」                                                       歳子「それ、、、、私のギターだアアアア!!!!!!!!!!!!」                  銀「スイマセエエン!!あったもんでついイイイイイ!!!」                         と、言う感じで、作りました。

李里香♪ 2013年12月8日 13:22 ID:MzAxMzYyN

 愛斗と李里香の恋物語を作ってみた   胸キュン×2
愛斗 「よっ李里香!お前に、とっておきの歌をプレゼントしてやる
      だから、聞いてろよ!」
李里香 「うん!」
            :(ギターで弾いてる歌聞きちゅう)
            :
李里香 ほろりと、小さい涙・・・
     「私、愛斗のお嫁さんになる! 私と結婚してください。」
愛斗 「お、俺もずっと前から、お前の事好きだったんだ・・・。
     こちらこそよろしくな!
     お前はこれから俺の姫、俺はこれからお前の王子様だ!」
李里香 「えっ。」
愛斗 「えっ。て、お前は俺の姫に変わりはねえんだ。」
みたいに、作ってみました。

ゆか 2013年12月1日 13:44 ID:NTE2NjkxM

主人公、アキの初恋物語です。

アキ「やばっ、教室に忘れ物しちゃった…もう皆帰っただろうな…ん?教室からギターの音が…」
がらっ
アキ(あ、同じクラスの音都木くんだ。ギター弾けるんだ…邪魔しないようにしなきゃ…って、うわ!?)
がたん!(椅子に足をぶつけた音)
音都木くん「…………ん。あれ?何時の間にいたの!?…ああ、また俺、ギターに夢中になってたんだな。えっと、白鷺さんだっけ」
アキ「あててて…あ、うん。ごめんね、邪魔しちゃったみたいだね」
音都木くん「ううん、大丈夫。俺もそろそろ帰ろうと思ってたところだからさ」
アキ「…そっか。…音都木くんってギター弾けるんだね」
音都木くん「おう。実は俺、プロのロッカー目指してるんだ」
アキ「そ、そうなの?すごいなー…音都木くんって大人しめなイメージあったんだけど」
音都木くん「はは…俺普段は、教室の隅で一人でいるタイプだからな…」
アキ「…………!…あのさ、音都木くん。良かったら、一緒に帰らない?私、ギターのこともっと知りたいの。それに、音都木くんのことも…」
音都木くん「え、いいの!?俺で。…ギターオタクだよ?」
アキ「大丈夫。私も、ギターに興味あるし」
音都木くん「そうか…じゃ、一緒に帰るか」
アキ「うんっ!」

続く かも

ナルナル 2013年11月29日 16:59 ID:NjA3NzA0M

桜・・・「直樹・・・君?」
直樹・・・「あ・・・!生徒会のダテメ女!」
桜・・・「はいはい・・・(汗)ダテメですよ・・・」
直樹・・・「どうしたの?ココに用?」
桜・・・「え・・あ・・その・・ギター私の・・・」
直樹・・・「え!?マジ!?メゴ(笑)」
桜・・・「さっきの直樹君が弾いてたの?」
直樹・・・「うん・・俺ギター持ってっから」
桜・・・「え!?持ってるの!?」
直樹・・・「あ・・・持って・・・ない・・・!」
桜・・・「だったら・・・貰って・・・くれる?」
直樹・・・「え!?マジ!?俺二日後に転校すんだ・・いい思い出がてきたわ!」
桜・・・「転・・・転校!?」
直樹・・・「誰にも言ってないけどな言ったの先生だけ」
桜・・・「どこに引っ越すの・・・?」
直樹・・・「沖縄!の○○○○」
桜・・・「へ!?私の転校先と一緒!」
直樹・・・「じゃあ・・・一緒だな!」
桜・・・「うん・・・!嬉しいなぁ!直樹君と一緒」
直樹・・・「俺前から桜が好きだった・・・俺!お前!嫁にしてやるからな!」
桜・・・(へ?あぁ18だしいけるけど・・・)「え!?」
直樹・・・「覚悟しとけぇ!」
桜・・・「(涙)ありがとう!私がんばって直樹の嫁になる!」
直樹・・・「泣くなよぉ~じゃあ!俺の作った曲聴いてくれるか?」
桜・・・「うん!」

はる 2013年11月26日 15:26 ID:MTg2NTEyM

小雪、女、・・・梓、男
小雪(あれ?梓だ)
小雪は、いいギターの音色にさそわれた
小雪(ああ、梓のギターいつきいてもあきないな。私が泣いたときもギターひいてくれたっけ)
ガサ・・・・
小雪「!!!」
梓「ん?」
小雪は、物音をたててしまった
梓「!!!小雪!!!」
小雪「ごめん!!梓!!!」
梓「おい!まてよ!!」
梓は、逃げようとした小雪の手をつかんだ
小雪「ごめん、ごめんね・・・」
梓「何で泣くんだよ」
小雪「邪魔したかな?」
梓「してない」
小雪「良かった」
梓「俺のギターもう一回聞いてくれないか」
小雪「うん!喜んで!」
そういって、小雪は、涙をふいて目をつぶった
梓「じゃあ、始めるぞ」
小雪「うん!」

あやにゃん 2013年11月24日 14:53 ID:NzM2NTE2O

女の子・ゆずか  男の子・あずま                                        今日は学園祭。幼馴染のあずまと一緒に来ている。                             【ゆずか】珍しいね。あずから学園祭行こうなんて。                              【あずま】うっ、うん・・・。                                             【ゆずか】?                                                     いつものあずまではない。ゆずかはそう感じていた。                             【ゆずか】どうしたの?あず。ん・・・?                                      あずまが肩にかけていたでっかいギターケースを手に持ち、人があまりいない所へと、進んでいく。 【ゆずか】ちょちょちょっ!ねぇここお店出てないよ。                              【あずま】知ってる。ねぇ、ゆずおどろなかないでね。                             【ゆずか】うん。                                                   【あずま】実は俺、アメリカに行くんだ。                                     【ゆずか】えっ・・・。なんで急にそんなこ・・・っ//。                               いきなりの言葉にびっくりするゆずか。思わず涙がでてきてしまう。                    【あずま】ごめんな。いつか言おうと思ってたら、いつの間にかいいすごしてたんだ。          【ゆずか】うっ・・んんっ・・。ひっ・・。あずまは、悪くないよー。                        【あずま】ゆず、俺、ギター轢けるだろ。だから、ゆずかに聞いて欲しいんだ。これは最後の別れじゃないんだから。                                                    【ゆずか】うん。聞くよ。聞きたいもん。                                     【あずま】♪~♪~♪                                                 曲が終わり・・・                                                  【あずま】どうだった?                                               【ゆずか】上手・・・ううん。すっごくすっごく上手だったよ。                          【あずま】良かった。明日にはアメリカにいくんだ。ごめんね。                        首を横にふり、【ゆずか】大丈夫だよ。あやまらないで!また絶対会えるから!             【あずま】おう。                                                   そして2人で手をグーにして、がちんとぶつける。                                              ~3年後~                                      【ゆずか】ふんふん~♪ふふ~ん♪                                        ピンポーン                                                     【ゆずか】? 誰だろう   インターホンをのぞくが、黒くなっていて分からない。                ちょっと怖いけど・・・   あけてくださーい!                              !                                                           なんとそこにはあずまがいる。                                         【あずま】ただいま。ゆず!                                            【ゆずか】あず~!                                                2人は、涙を流し、座り込む。                                          【あずま】ただいま。ゆずか!                                          【ゆずか】おかえりなさ~い!                                          【あずま】俺、やっぱり帰ってきた。父さんと母さんには話は言ったから、大丈夫だよ。          【ゆずか】そっか。・・・残念なお知らせがあるんだ。                             ちょっと上がって・・・。                                               【あずま】?うん。                                                 【ゆずか】実は、私が寝ている間に、お母さんとお父さんが、ドライブに行ったの。でもね、帰ってくる途中に、前からバイクが突っ込んできて、そのまま亡くなっちゃったんだ・・・。               あずまは言葉が出ないまま、呆然としている。                                【ゆずか】ごめんね。こんな話しても、嫌だよね・・・。     !??                    ばさっと、ゆずかをつつみこむように、抱きしめる。                              【あずま】ゆずかはそんなにつらい思いをしてたんだね。ごめんね。俺と一緒に暮らそう。       【ゆずか】!!うん。一緒に暮らそう。またギターを聴きたいな。                       【あずま】おう!まかせとけ・・・          といって2人は幸せに暮らしました                                end
こんな感じです。お楽しみいただけたでしょうか?

2013年11月21日 11:27 ID:NDA2MTUzM

ララちゃんさんの、その…妄想?って
りぼんの、終末のナミダですよね?
最後らへんのは、今月号の話ですよねwww

野崎映見 2013年11月18日 21:18 ID:MTUxNzQ5N

私♀の同級生の橋本竜矢♂(はしもとりゅうや♂)自分をアニメ風に作ってみたよwwwww

萌え 2013年11月18日 18:44 ID:MzY5MDQ3M

ららちゃんさん。それってりぼんの週末の涙ですか?ミコと悠馬?だっけ。

アリス 2013年11月18日 15:45 ID:MzUxMzQyO

女みりな 男 悠介
=========================================================
ピンポーン
み「はーい、どちらさまですか?」
悠「あ、おれ悠介」
み「あ、悠介か、鍵あいてるから入って~」
悠「おう」
み「どうしたの?いきなり来て」
悠「おれ・・・・東京行く事にした」
み「えっ・・・・・」
悠「だから、最後の挨拶に来た・・・・」
み「そっか・・・・・」
悠「おれ1年の時バンドやりたいって言っただろ?」
み「うん」
悠「その夢をかなえるために東京に行く」
み「・・・・」
悠「だから・・・・・」
悠「俺の歌聞いてくれるか?」
み「うん・・・・」
悠「♪~♪~~♪~~~~」
み「・・・・だ」
悠「え?」
み「やだよ・・・・・悠介・・・行っちゃやだよ・・・・」
悠「みりな・・・・ごめんな・・・・」
み「でも・・・・悠介の夢なんだから・・・しょうがないか・・・・」
悠「みりな・・・・・・・・・・・・・・・・・」
み「いい歌だったよ・・・・悠介・・・頑張ってね・・・・」
悠「みりな・・・・いままでありがとう・・・・な・・・・」
み「最後に来てくれて嬉しかった・・・ありがとう! バイバイ・・・・」
悠「また・・・・会えたら・・・・」
悠&み「いいね・・・・」
                                    END

ゲーム好き名無しさん 2013年11月16日 18:46 ID:NTk2Mjc0M

あむで-す

ニルス 2013年11月13日 18:31 ID:MjUyMjYwN

覚英ができたでうpします
ディド「覚醒くぅぅぅううんっ!今日は君のためにね、ギターを練習してきたんだァァァァァ!!もちろん聞いてくれ・・・」
フリップ「誰が聞くかよ、つーかお前ギター弾けないだろ。」
ディド「だからこそ練習してきたんだよ、ほら!こっちこっち!」
フリップ「お、おい!?」

ディド「いくよっ!?」
フリップ「またどうせ弾いてる途中でやめるだろ。」
ディド「んなっ・・・」
フリップ「まぁ、聞いてやるけど。」
ディド「(弾き語りしてます)」
フリップ「(・・・ふーん。うまいじゃん)」
ディド「どうだった!?結構練習したんだよね~」
フリップ「うざい。」
ディド「え・・・??」
フリップ「性格がそのまま歌詞に入っててうざい。」
ディド「え・・・そ、そんなこと言わないでよ~♪」
フリップ「その性格が大嫌い(大好き)なんだ!!!」

ルカ 2013年11月13日 15:50 ID:MjM0NjUxN

男{明}女{舞}
舞、明!ギター弾いてぇ~~~!
明、いいよ
ボロンポロンボロンポロン・・・・・・・・・・・・・・・・・
舞、{涙}天才!やっぱり
明、ありがとう!

ララちゃん☆彡 2013年11月9日 15:30 ID:ODk3ODYxM

男の子【斗真】女の子【ラン】←死神
斗真はギターを弾いていた
【ラン】「ん?この部屋か。」
【斗真】「! 誰だ?」
【ラン】「私?死神のランよ。あなたの魂を回収しにきたの」
【斗真】「俺の・・・魂?」
【ラン】「そーよ。とわいって、今日じゃないんだよね。来週の水曜日なの」
【斗真】「そんな・・・。待ってくれよ!!俺には大事な大会があるんだ・・・・」
【ラン】「ごめんなさい。人間は生まれたらもう寿命が決まっているの、延ばすことはできないの」
【斗真】「そ・・・んな。父さんに言わたからこの大会に出場しなきゃいけねーのに」
【ラン】「父さんが言ったから?ねえ ギター弾いて!」
【斗真】「え!?無理だよ。】【ラン】「いーから!」
【ラン】「てか、なんでお父さんのお葬式の時泣いてなかったの?」
【斗真】「ったく父さんに泣いたら恥ずかしいって言われてんのに」
【ラン】「父さんが言ったから?なんでも父さんが言ったから。あれはやらないこれはやる」
【斗真】「やめてくれえええ!」【ラン】「カプ ごちそうさま」
【ラン】「父さんが言ったから、この言葉があなたを追い込む言葉だったから食べたのよ」
【斗真」「え?」【ラン】あなたがギター弾いてくれたのは父さんに言われたからじゃないのよ」
【ラン】「だから、もう泣きたいときは泣いてもいいんだよ^^」
【斗真】「うわぁぁぁぁ泣」
EDN

みーちゃん(^=^) 2013年11月8日 18:00 ID:MzcyMjA5N

今回初アイドルシリーズ
女 鈴浜 麻里安/「すずはま まりあ」モデル、今回のお話でもう一つお仕事があることになる
男 左四山 祐介/「さしやま ゆうすけ」男子モデル+男子アイドル+麻里安パートナー=な子
麻里安「なんだろう」{手紙がおいてある}
手紙『大桜町1丁目の花びら通りへ来なさい』
麻里安「行くしか・・・ないよね、大桜町1丁目花びら通りへ・・・」
~~~~~大桜町1丁目花びら通り~~~~~
祐介「まってたぞ」(来た来た・・・美女だぁ~~)
麻里安「この手紙書いたの・・・左四山さん・・・」
祐介「ちがうちがう学園長だよ」
麻里安「どうして・・・まさかぁ~」
祐介「そのまさかぁ~がたいへんなの
  美優と同じこうどうして」
麻里安「つ・・・ま・・・り・・・」
祐介「モデル&アイドルってこと
  今、アイドル学校が男アイドルだらけ+モデルいっぱいなんだ」
麻里安「そういうことならいいわ、美優先輩めざしてがんばるーー」

パフェ 2013年11月2日 13:22 ID:NDQzMjIwN

左の女子「花楓」 右の男子「勇二」

2人は姉弟。

花楓「ただいま~!」

勇二「お・・・・。おかえり。姉ちゃん・・・・。あのさ、俺ギターやるから聞いてて・・・」

花楓「え・・・・?あぁ・・・・うん。」

5分後・・・・・・

勇二「ど・・・どうだった・・・?」

花楓「上手だったよ。でも、どうして・・・?」

勇二「・・・・・。あの・・・さ?」

花楓「うん・・・。」

勇二「父さん、死んじゃったじゃん・・・・・?」

花楓「う・・・うん?」

勇二「そ・・・れで、母さん俺らおいてどっかいっちゃったじゃん・・・?」

花楓「あ・・・うん・・」

勇二「そ・・れで、姉ちゃんが彼氏作って、結婚することになったらさ・・・俺・・・・1人になるじゃん・・・・・・。」

花楓「え・・・・・。でも、おばあちゃんが来てくれるよ?」

勇二「だめなんだ!」

花楓「びくっ!」

勇二「だめ・・・なんだ・・・・・。俺・・・・・ずっと、死ぬまで姉ちゃんと一緒がいい・・・・。」

花楓「勇二・・・・・」

勇二「ポロポロ・・・・」

勇二「あ・・・あれ・・・・。なん・・・で俺泣いてんだろ・・・・・ハハッ・・・・・」

花楓「勇二・・・?」

勇二「え・・・?」

花楓「泣きたかったら・・・・泣いていいんだから・・・・。」

勇二「う・・・ん・・・」

花楓「私は、絶対勇二を1人にしないから。 私にとって勇二は一番大切なんだから。」

勇二「姉ちゃん・・・・」

花楓「よしっ!どっかでごはんでも食べよっか!」

勇二「うん!」

終わり✿

ゲーマーのmomo 2013年10月28日 19:04 ID:NTg1NDY1M

前作にも書いてあるので見てk((((
設定 女 カレン(死神) 男 カイト(魔法使い)
どこかの桜並木のとこの公園

カレン ふうーお買い物は買い忘れ無しっと(1人ぐらし)

?? ラーラーラー(歌ってる)

カレン !?どこからかギターと歌声?
     あ・・・カイト・・・

カイト (ボカロの曲を弾き語りしているちなみにボカロ曲は皆様の好きなボカロ曲で・・・)
カレン ・・・(歌えるんだ) 
カイト (カレンに気づかない)
カレン (照)
(カレンは照れたまま家に帰る)

カイト ふぅー今日も歌ったなぁー さて家に帰るか

end ギターいいですよねー私も弾けるんですがでもドラムもいいんですよねーww

ゆっくりゆーき 2013年10月27日 23:59 ID:MTkzNTUxN

リンが歌ってレンが弾く どうすかこのシチュww

96猫☆ 2013年10月26日 21:30 ID:MjcwMzk0N

可愛いっすね!

mai 2013年10月22日 19:43 ID:NDI1NDYyO

男 ☆岸埜りお(きしの りお)男子軽音部 ギター・ボーカル
       付き合っている
女 ❤山峯紗夜(やまみね さよ)美術部
__________________________________________
プルルルルルル
紗「ん...?りお...からか」
==========================================
紗「ん、りお、どしたの?コホッコホッ」
り「紗夜、大丈夫か?めっちゃ咳してっけど。」
紗「うん。大丈夫よ。」
り「今な、紗夜のマンション来てんだけどな、何号室だったっけ。」
紗「え!?いいのに!あと...学校は!?」
り「早退しますっつっといたから大丈夫だよ。で!何号室?」
紗「さ.....301号室だけど...」
り「OK!すぐ行くから!」
紗「う.....うん..」
==========================================
紗(とは言ったものの...)
ピーンポーン
紗「はーい。」
り「おうっ。紗夜は寝てろ。おかゆ、作るなー」
紗「...ありがとー❤」
り「ん。寝てろって!」
紗「うん」
******************************************
り「できたぞー」
紗「おおっ!りお、こんなん作れたんだ!おいしそー❤」
り「だろ?はい。あーん...なんつって。」
紗「あはは。いただきます。.......おいしー♡」
り「♫♪♬♪」
紗「あ!これ、私の好きな歌だあ!」
り「♪♬♫♫♫♪♬ラララ~ラララ~ララララ~ララララララララ~~~~~」
紗「...パチパチパチ。ありがとね♡りお、大好きッ❤♡❤」
                      END

浅野玲子 2013年10月22日 16:36 ID:MjI3ODI2M

女→大野奈々
男→大野陸
奈々「陸❕大会もうすぐでしょ?」
陸「って❕姉ちゃん。かんけ―ないじゃん」
奈々「ほら❕ギター出して❕」
陸「はいはい・・・。」
奈々「うん❕うまい❕」
陸「だろぉ⁈」
奈々「あと一回やって❕」
陸「いいよ。」
♬♬♬
奈々「いい音色❢」
ーーー大会ーーー
奈々「陸、頑張って❕」
陸「「おう❕」
ーーー結果ーーー
陸「一位だった~❢」
奈々「やったね❕ご褒美❣」
陸「え?」
---チュ❢---
陸「姉ちゃん❕❓」
奈々「おめでとう!陸。」

以上小5のストーリーでした❕

みーちゃん(^=^) 2013年10月20日 19:31 ID:MjA3MzQ0O

女 笹木 七海 男 田崎 阿由真
七海「阿由真、こんな所でギターひくな」
阿由真「へ~、ウエイトレスだからっていばってるー、本当は俺のことす・きなんだぁ~」
七海「ななちゃん、そんなことないもーん」
阿由真「店内ギター男です」
七海「ば、ば、ば・・・」
阿由真「ば、がなに?」
七海「ばかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
阿由真「おこったおこった」
七海「もう知らない、ななちゃんいや」

影法師 2013年10月19日 15:39 ID:MTg4MTUwN

女の子・ハルヒ
男の子・ヒナタ
ハルヒとヒナタはルームシェアしてる設定で。

「ごめん」
冬の日、風邪をひいて掠れた声でハルヒが謝る
「いい、寝てろ」
ヒナタは無愛想にギターを爪弾きながら答える
「治ったら、私にあなたの歌を歌わせてね」
「ああ…歌いたいなら寝ろ。早く直せ」
そっとヒナタが抱きしめる

みーちゃん(^=^) 2013年10月19日 14:35 ID:MTk3MDI5M

女 美優/モデル基本のアイドル、ひつじの〔メロディー(女)〕と〔グルージー(男)〕をかってる
男 雄二/バンドのギター、おこられてばっかり
雄二「♪♪♪」(いい音だぁ~
雄二「あれ、俺何やったんだ?!
  あはははは」
##############そのころ#######################################
美優「メロディー、グルージー学校に帰るよ」
メロディー「メェー」
雄二「そこのお嬢さん聞いていく?」
美優「はぁー」
グルージー「メェ-メェ-」
雄二「何だ!このひつじ」
美優「ごめんなさい、私のです」
雄二「へぇー君の」
美優「私、もちろん音楽聞かせてもらいます」
雄二「そうこなくっちゃ」
♪♪♪♪~~
美優「きれいな音でした、ありがとうございます、名前は・・・」
雄二「大竹雄二だよ、君は・・・」
美優「大竹さん、名字はいえないので下の名前だけで・・・美優です
   それでこの子はメロディー、この子はグルージーです」
雄二「へぇ~、だれかと付き合ってる?」
美優「いいえ、私はだれとも・・・」
雄二「じゃあ付き合っちゃお!」
美優「えっ・・・・・・・はい・・・・・・・」
雄二「そういえばいそいでた!!??」
美優「はい、いそいでました」
雄二「ごめんね~、くだらない待ち時間で」
美優「いえいえ、嬉しいです、モデルのかえりに・・」
雄二「俺もアイドルと付き合えて嬉しい」
美優「それじゃあさようなら~」
   終わり

ララちゃん☆彡 2013年10月18日 18:20 ID:MTc4Mzg5O

女の子【梨咲】 男の子【瑠】
瑠がギターを弾いていたー….
ポロン♪ ポロロン
【梨咲】「何の音だろう、ギターかな?向うの部屋だ」ギィー
【瑠】「あ、梨沙・・・!」
【梨咲】「瑠!瑠ギター弾けたんだ、なんで教えてくれなかったのよー」
【瑠】「いや…それは…」 【梨咲】「んま、いいや。ねえ!一曲弾いてよ!いいでしょ!?」
【瑠】「・・・いいけど梨沙が歌ってくれるなら。」
【梨咲】「んー。いいよ。」ポロンポロン♪
【梨咲】「わー!スゴイっ!今度の放課後皆に発表会開いてもらって聞いてもらえば?」
【瑠】「えっそれは無理なんだ・・・」 【梨咲】「なんで?恥ずかしいのかぁー?」
【瑠】「違うし!!俺がここで練習してたのはお前の告白の時に聞いてもらおうと思ったからだよ!」
【梨咲】「えっ?瑠・・・・/// じつわ、私も、その、好きなんだよ・・・ね」
【瑠】「そうか!! なら付き合おうぜ!」 【梨咲】「うん!だーいすき❤もう一曲引いて!」
【瑠】「おうっ!」 ~終わり~ 長文失礼しました

lucky 2013年10月17日 21:12 ID:NDQwOTYxM

豊「歌って」 明日香「うん」

♫~

豊「うまいじゃん!おいで」 明日香「うん」

CHU~~~~~~~~♥

豊「ご褒美~」 明日香「//////////////////////ば。。。ばか!!」

翌日

豊は、この世を去りました。

手紙

明日香へ
明日香の歌声は、絶対に忘れないよ。
お前の事ばかりだよ。頭の中
好きだぞ!
好き、だあああああああああああああああああああああいすき!!
                      またな。       

みーちゃん(^=^) 2013年10月12日 11:10 ID:MTI0ODE5N

女 西藤 紋香:さいとう あやか/アイドル 男 大木他事 勇亜;おおきたじ ゆうあ/バンドチーム
紋香「何なの?この音」
勇亜「ワン・ツー・スリー・フォー♪♪♪♪」
紋香(大木他事さまだわぁ~)
ガサゴソガサゴソ
勇亜「そこで何やってんの」
紋香「いや、何も・・・」(ギャー、ほ、本物の大木他事さまだぁ~)
勇亜「聞いていく?」
紋香「は、はい~」
勇亜「サンキュー」
♪♪

またねー

ゲーム好き名無しさん 2013年10月9日 18:39 ID:MTY4MjY0N

高校最後の文化祭
私と彼はスクールアイドル。
二人だけの秘密として現役として活躍をしていたが、高校生活が終わるにつれ、解散しようと考えていた。

文化祭で最後にしようと・・・そう・・決めたこと。

征服のスカートを短くして、ちゃんと着こなす。
髪型は二つに長く前髪を四角にしてポニーテール。
彼はそこまできにしない。

・・・彼らしくてよい

ファーストライブが花開き、そっと幕を下ろした。
彼はギターを跡形もなく灰にした。
私たちのアイドル活動のほうも幕を下ろして、すべてが終わった。

蜘蛛 2013年10月7日 22:19 ID:MjYxNjc0M

ハンターハンターのカルトとフェイタンを作りたかったのに
なんかぜんぜん違うのになった・・・

ぺこ 2013年10月7日 17:49 ID:MTQ1ODAyN

ときめきめもりあるの針谷 幸之進(ハリー)と主人公

しゅ「もう卒業かぁ、はやいな」
しゅ「高校生活楽しかったな・・・」
しゅ「教会・・・」
しゅ「まさか・・・ひらくわけ・・・ないよね?」
ギィ・・・
しゅ「開いた!」
さわやかな音がきこえる
しゅ「誰かいるの?」
ハ「俺だよ」
しゅ「ハリー!?」
ハ「最後、ここでギターひきたくてな」
しゅ「そうだったんだ・・・」
しゅ「今日でもう卒業だね・・・」
ハ「あぁ・・・」
しゅ「ねえ、ハリー」
ハ「なんだよ?」
しゅ「いやだ・・・」
ハ「?」
しゅ「高校生活終わりなんていやだよ・・・」
ハ「おまえ・・・」
しゅ「最後にお願いがるの・・・」
ハ「なんだよ」
しゅ「ハリーの最後のライブ・・・聞きたいな?」
主人公が泣きながらつぶやく
ハ「・・・」
しゅ「ダメ?」
ハ「おし!一曲だけだかんな!」
しゅ「うん・・・!」
ハリーが弾き終わる
しゅ「ねえ、ハリー」
ハ「?」
しゅ「私、ハリーにあえてよかった」
しゅ「ハリーとデートしたりこうやってハリーの演奏聞くのも・・・」
しゅ「すごく楽しかった」
しゅ「ハリー・・・大好き・・・!」

こうして主人公の高校生活は幕を閉じた。
長文失礼いたしました

2013年10月4日 23:57 ID:MTA1NzI0N

髪の毛がわからない。(女の子)

リリア 2013年10月2日 15:14 ID:MTc0NDI1N

女 るる  男 蓮
(るるは、早くに親をなくしている。連はルルが好き)

るる 忘れ物、忘れ物っと・・・あれ?
ポローン ポローン
るる 放課後なのに・・・?・・・あっここから聞こえる・・・音楽室だ!
ポローン ポローン
るるのほほに涙が落ちる。
蓮 っ!?るる?
るる ぁっ!なんで涙が。。。
蓮 この曲、俺のおふくろが子守唄に歌ってたんだ。
るる あっっ!!(思い出した!お母さん歌ってたってパン屋さんのおばさんが言ってた!!)
蓮 どした?こんな遅くに。
るる ちょっと、忘れ物しちゃって・・・
蓮 そうか・・・親は??
るる ・・・。小さい頃に亡くして・・・。
蓮 あっごめん。
るる いいの。べつに・・・
再びるるの顔に涙が。
蓮 お。おい!泣くなよ。
るる うっ・・・ヒック。。。ヒック・・・
蓮 ・・・。これからは俺がいるから・・・。

るる !!
蓮 俺と付き合ってください。
るる う、うん・・・ヒック
蓮 マジ!?てか、泣きやめよ。
るる うん。

応永 2013年9月29日 14:10 ID:NjMzMzU1N

すごくいい!

死ぬほど素晴らしいぉ・・・

私にほめられるなんて・・・まぁまぁいいじゃないぁ~い(はぁと

メルン 2013年9月29日 10:31 ID:NTg2ODg0M

シティーハンター「野上冴子」が出来たァァァァ!

カワ(・∀・)イイ!!

¥¥¥ 2013年9月29日 02:59 ID:MTA5ODAxN

なんかこれで、学祭終わってメールで呼び出したあとに、
サプライズライブ的な感じに仕上がったww( ´艸`)ww
なぜか赤面ww(((o(*゚▽゚*)o)))
あ!ごめん!引き間違えちゃったYO☆Σ(ノ≧ڡ≦)てへぺろww

でじゃぶ 2013年9月28日 22:23 ID:ODUxODk5M

あ、これいい♪

みみこ 2013年9月28日 16:05 ID:NTQwMTI0O

男の子の表情が可愛い……

ヽ(*´∀`)ノ 2013年9月28日 11:03 ID:NjEzMDE3M

ミクとレン君できたー!

あすか 2013年9月24日 20:32 ID:NTE1NjA3O

きもののみくとれんがつくれた

あさな 2013年9月23日 11:10 ID:NDA3MjM0M

シン「おお、レン」
理衣沙「遅かったわよ」
レン「すまん。俺がギター演奏しててさ」
理央奈「ほらほら、掃除始まってんぞ」
レン「・・・、そっか」
レン(現実だったかな。さっきの過ちは)

ゲーム好き名無しさん 2013年9月23日 11:08 ID:NDA3MjM0M

話の続き 
シン「遅かったんじゃねーか」
理衣沙「休憩中に何やってんの?」
レン「い、いや、ギター演奏しようとしててさ。屋上で」
シン・理衣沙「ああ!?」
理央奈「サボらないでさっさとしろ!!」

あさな 2013年9月23日 08:40 ID:NDA3MjM0M

レン=理央奈の彼氏 理央奈(りおな)=主人公 18歳
レン「理央奈、やっぱ無理だぞー、ギター弾くなんか」
理央奈「あんたがやりてぇだからだろ!」
レン「そんなにしつこく言ってたら、休み時間なくなるぞ」
理央奈「あ、チャイム鳴った。急いでレン!掃除だぞ!」
レン「あ、いっけねー、のんびりしてしまったww行かねーと」

mmmmmっま 2013年9月22日 19:38 ID:NDYyMTU3O

女の子・・・さくら  男の子・・・悔星

さくら「・・・?何の音だろう?ギター?」   教室からグラウンドへ行く。
さくら「わぁ・・・綺麗な髪の男の子だなぁ。」
悔星「何?なんか用?」
さくら「あっ!いえ・・・・。」
悔星「・・・・そっ。」
さくら「あ・・あの・・・。」
悔星「何?聴いてく?」
さくら「あっ。ぜ・・・ぜひ・・・。」
  ~~~♪
さくら「・・・・。」
  {なんだか、悲しい音色・・・}
悔星「どーだった?」
さくら「あっ。すばらしいです!お上手ですね。」
悔星「・・・いいよ。お世辞は。」
さくら「・・・!す・・・すみません・・・。でも、とても心に響きました!」
悔星「・・・っそ。じゃあ、もう良いよな?」
さくら「あっ。あの・・・。」
   このあと、さくらは何を悔星にいったのか?
    あとは、ご想像でw

かすは 2013年9月22日 17:03 ID:MjM3MjUwM

カゲプロ知ってる人多いんですね。ちなみに15才ぐらいからですよ

カゲプロ 2013年9月22日 11:44 ID:NTUzNzUxN

エネ
「ほらほらご主人~♪、早く弾いてくださいよ」 
シンタロウ
(集中できない…)
   

ドーリィカノン♪ 2013年9月21日 21:10 ID:MjI2ODkwM

遥と貴音ができたー!  制服と髪がちがうけど
「貴音・・やっぱり難しいよー」
「何言ってんの。あんたがやりたいっていたんんでしょ!」
  文化祭のあと・・・遥がやりたいといいだしたギター。私だって歌を覚えるのに大変なのに・・    9月11日は先生の誕生日。祝いたくないけど、遥が言うから・・
「こんなことになったのよ!」
 
斎藤さんが見たいので終わりです   以上4年が考えた話でした! 先生の誕生日は本当です

ゲーム好き名無しさん 2013年9月21日 20:54 ID:MjI0NzkzN

いいね!!

ゲーム好き名無しさん 2013年9月21日 20:53 ID:MjI0NzkzN

題名「見つけた」

私の名前は西宮 香奈  出会った人の名前が指月 大輔

今日から私は高校1年生です!!!!!
桜の花びらがちってる、春だな…><:
「♪♩♬〜〜〜」
きれいな音…その音がする方に向かう。
私この歌聞いたことない…。 でもなぜか歌える。なんか不思議な感じ…。
その方向へ歩いてたら、あっという間についてしまった…。そこにはかっこいい男子がギターを弾いてた。。。
大輔「何? 歌えんの?歌えないならどっかいけよ」
(は、はあ!?かっんっじっわっる!!!!!!!!)
香奈「こんな歌…知らない!へたくそ!!」
大輔「あ?お前歌えんじゃねえの…。いや歌えねえか・・・お前があんなすげえ女なわけねえよな」
香奈「は、はあ!?!!?」
大輔「じゃあ、歌ってみろよ」
香奈「な、なんであんたの前でうたわなきゃいけないのよ(いらっ)」
大輔「いいから歌え」
香奈「ぐっくそ…くそうざいわ、歌えばいいんでしょ!歌えば!」
 私は聞いたことない歌を歌い始めた。 なんだろこの感じ…。ふわふわ…する…。。。
大輔「やっぱりな!!!!!!!!なんかそんな感じがしたんだよなあ、お前、歌姫だ………。」
香奈「歌姫え!!??な…なにそれ…」
大輔「今度、あおう…。俺お前の運命の人かもな…」
香奈「へっへ!!??/////////」
(私あの人にときめいた…の…?)
大輔「じゃ!俺は大輔!」 走り始めた…。
香奈「ま!まって!私は香奈!」
大輔「おう!じゃあな香奈!覚えとく!」
(なに…最初の顔と全然違う)
     私たちは運命の人ダッタみたい…結ばれました…。
 end

ゲーム好き名無しさん 2013年9月21日 18:45 ID:MTAxMTMyN

なんかイイ!!

パソコン中毒の人 2013年9月20日 17:51 ID:MjEzNjM5O

養護学級て、遥と貴音かよww

ゲーム好き名無しさん 2013年9月20日 03:48 ID:NDQzNTUzN

俺のギター聴きに来たのか?                                あ、はい                みたいな感じ

ルージュ 2013年9月19日 19:17 ID:MzY3OTYzM

これは私が養護学級にいた頃の話
ここは養護学級。
クラスメイトは私を含めて2人。
教室に入ると私のたったひとりのクラスメイトのハル。
くせっ毛でギターばっかりしてる。
高校2年生になっても同じクラス。
春風が吹く穏やかに。
綺麗な音・・・。
私がハルと呼ぶとハルはギターを鳴らした。
私が拍手すると照れくさそうに笑った。
私もその顔を見てどんくさいと言って笑った。
そしてハルが得意のギターを引いている時に、
私の心臓が止まった。
そこからは覚えていない。
私は、今どこにいるのかって?
もちろん天国に行って、平和な日々を送っています。
時々ハルに会いに行きますが・・・ねっ

るる 2013年9月19日 16:50 ID:MzkxMzQ0N

男の子・隼人
女の子・雀
は「うわー、コードめちゃくちゃじゃん。」
す「えーと…ああ、思い出した小原君。どしたの。」
は「…うん、いいんだ俺どうせ影薄いからさ。俺はナンバー忘れてさ取りに来たんだ、それよか、それ西原のギターじゃん。」
 二人は同じクラスの、人気者と埃のたまり場の様な奴、と言う凸凹だった。
す「居ないから借りてたの。」
は「弾けないのにか。」
す「関係ないわよ、もしかしたら才能在るかもしれないよ。」
 太陽のような笑顔、隼人は心奪われる。何て身分違いな恋だろうと、日の光の中でも体の熱を奪われる、そんな絶望が彼を支配する。
す「弾いてみて。」
 渡されたギター、震えた指で受け取るから、濁った音を奏でた。隼人という勇ましい名前に名前負けしている自分が情けない。けれどギターだけは好きで、誰にも譲れないから、隼人は鳶の声のような軽やかな音楽を奏で始めた。
す「綺麗で凄いね。」
 後に3人の子持ちとなる、鳥の名コンビの、始まりの1ページ。

キャル 2013年9月18日 21:07 ID:MzQ5NDcyN

界面学園の制服を身に付け、1人寂しく廊下を歩き、教室に行く
そう・・・私のクラスはたった二人の養護学級。
好きで進学したわけではなく、学校からの勧めだった。
教室の椅子に座ってるのはハル私がハル・・と声をかけると
少しギターを鳴らしてみせた
春風が吹いている優しい季節
彼【ハル】の音色が教室いっぱいに広がっていく
私を軽く手を叩いて見せると、ハルは少し笑って、私の名前を呼んで笑っていた
わたいも笑ったらチャムがなったたった二人の養護学級は、今日もまた始まる

みょ 2013年9月18日 20:32 ID:NjY5MDExM

ミクとカイトしか作れんww

みーしゃ 2013年9月18日 18:56 ID:MzUzMzExM

季里(女・きり)と優真(男・ゆうま)のストーリー  
第三話 ~内容~ 季里がアイドルになった、初ライブの練習中・優真が部活のライブの練習中
季里「ゆ、優真!!どうしたの」
優真「季里もライブ練習?」
季里「そうだけど・・・どうして知っているの?」
優真「俺のクラスに季里の妹の好きな男がいるんだぁ」
季里「それって美由のこと?」
優真「そうだよみ・ゆってこ、それから・・・」
季里「あっもうわかったからいい」
優真「そっか、じゃあ音楽いっしょに合わせてみない?」
季里「いいよ」
つづく

パソコン 2013年9月17日 20:36 ID:MzM5ODQ4M

女の子由紀 男の子春  いろいろな感じを、作りました。                         嫌がるバージョン 春「由紀愛をこめて作った曲聞いてくれ」ラララララララララー  曲が終わった。  由紀「きもっ!」         喜ぶバージョン 春「ぐすぐす・・・・・・」ボロン 由紀「ん?何か教室から音がする。」 春「ボロンボロン・・・・・」 由紀「すてきな音・・・・・」     こんな感じかな?続きは、ご自分の想像で・・・・・・

さきほ 2013年9月17日 20:09 ID:MzQ4MzczM

やったああ新作来たぁぁぁああ
めっちゃ嬉しい☆

猫大好き 2013年9月17日 18:00 ID:NTQxMDg3M

以上、小学4年生による作品でした。(↓の作品)

ゲーム好き名無しさん 2013年9月17日 17:57 ID:NTQxMDg3M

女の子 桜川 姫奈(ひめな)16歳 男の子 夜神 連16歳

連は軽音楽部で、曲作りが趣味。
姫奈は親の仕事で海外に行くことを連に伝えるため連の所へ行った・・・・・・・・が?

姫「連っ」
連「何か用?」
姫「実は・・・」
連「実は?」
姫「・・・・・・・・・」
連「・・そんなことよりさ、俺新しい曲作ったんだ。聞いてくれる?」
姫「うんっ」
テーン・・・・・ジャジャジャンジャカジャカジャカーと弾き続ける連
ぽろっ姫奈の目から涙が出る。
連「おいおい、何も泣く事はないだろ」
姫奈「うんっ」本当のことは手紙で教えよう

1日後

連「おーい、姫奈~」
といつもの待合せ場所に行くと手紙が置いてあった。
内容は・・・・・・

連へ
突然こんな手紙渡されてびっくりしたでしょ。
実は、私親の都合で海外に引っ越すことになったんだ。
ごめんね。そっちには5年後戻ります。
初めての、デートの時の約束覚えてる?
21歳になったら、結婚しようって。
私が帰ったら、プロポーズしてくれるかな?
それを楽しみにしてるよ。
姫奈より

ぽたっ。
連「うん・・す・・るよ。だから待ってる。君が来るのを」

5年後

リゴーンリゴーン

僕たちはあの、約束した、式場で誓いのキスをしていた。
                                        END.

ゲーム好き名無しさん 2013年9月16日 21:21 ID:MzU3OTgzN

女子・・・猫田 魔化   男子・・・龍魅 李緒
魔化は僕っ娘

魔「・・・かっこいい・・・」

李「は?」

魔「い、いやいや何言ってるんだ僕は;」

李「まぁ・・・見てなよ・・・///」

魔「え? あ・・・あぁ! この僕が見てやってるんだから感謝しろよなッ/////」

李「はいはい。 あざーっす」

魔「・・・・/////」

李「ついでに、」

魔「なにさ」

李「俺、お前の事好きだからね?」

魔「!? ぼ、僕も・・・だけ・・・ど・・・////」

李「じゃぁ付き合うってことで。 明日デートな。」

魔「!?!?!? いや、えと・・・わかったよ! もう!」

こんなかんじかなww ツンデレ好き♥

ユウカ 2013年9月16日 14:09 ID:MzUzMTgwN

君に届けのふたり作れた

レン 2013年9月16日 14:06 ID:MzU2NjAwM

ちょっとしたボカロの話できた
女・初音ミク男・鏡音レン
ミク「うわー遅くなっちゃった。」
「♪ ♪ ♪」
ミク「あれ?きれいな音。」
ポローン
ミク「あれ?同じクラスの鏡音くん。」
レン「あ、は、初音さん!」
ミク「すてきな音色ですね!」
レン「ど、どうも...」
ドクン
ミク(あ、あれ?なんか胸がドキドキする。もしかして、これって...)
レン「あの、このこと秘密にしておいてください。」
ミク「あ、は、はい!」
こんな感じで作ってみました。

ゲーム好き名無しさん 2013年9月16日 13:08 ID:MzEyNjI5O

はらちゃん見たいのがある!

かすは 2013年9月16日 11:09 ID:MTc1MDg4O

新しいやつ!!このシリーズ大好き!!!作った人最高!!

ゲーム好き名無しさん 2013年9月16日 09:38 ID:NjI2OTU0N

イケメンだ

カイト大×無限好き 2013年9月16日 04:03 ID:MzU4NjYzM

僕は友達が少ないの幸村と小鷹を作ったよー^-^

野崎映見 2013年9月16日 01:12 ID:MzE3MzE0O

私と松長小時代の同級生の福田俊哉っていう人を作ってみたよ。

ヒッカ 2013年9月16日 00:29 ID:NTE3OTA0N

女・・・藤原妹紅 男・・・森近霖之助
                     ~霖之助のキャラ変わり←~
妹「ハァ~・・・幻想入りしてからずっと永夜抄に居たからなぁ~・・・電車が懐かしいや」
妹「輝夜・・・。!?な、なに私は輝夜の事を思い出してんだ!でも、今ごろ皆は何してるかな~」
?「やぁ。また会ったね。妹紅」
妹「な!?何でお前がここに・・・それと、キャラも変わったみたいだが・・・何故居る?___霖之助」
霖「僕も・・・”戻ってきた”んだよ」
妹「”戻ってきた”・・・?お前も、3次元の人間だったのか!?」
霖「あぁ。早苗も3次元の人間さ。早苗も今、この世界に居る」
妹「早苗も!?一体なんで・・・」
霖「どうやら・・・君が戻ったはずみに、僕達まで戻ってきてしまったみたいだ。」
妹「そうか・・・今頃皆は元気してるかな」
_________________________________________
妹紅と早苗と霖之助は幻想入りした人間の設定でした!

うる 2013年9月15日 20:29 ID:MTYyOTgzN

おおおっ!このシリーズ好きやわw
tk、薄桜鬼の斉藤一ができた♪

2013年9月15日 17:25 ID:MzI2ODIxM

新作キターーーーー\(@~@)/ーーーーー

柳真 2013年9月15日 15:24 ID:MzI3NjMyN

このシリーズはすごく楽しい。しかもどんどん新作が出るから飽きない。

でも、今回は、女の子の手が選べる…というか、いろいろな風に動かせたら(?)いいかと思いました

ゲーム好き名無しさん 2013年9月15日 15:03 ID:NTQzMDY0N

ギターがださい・・・

りさちん 2013年9月15日 13:22 ID:MTMyMDY0O

女 美緒(アイドル) 男 蓮(美緒と同じ学校の先輩)

美緒 (はぁ、今日はコンサート。緊張して声でなくなったらどうしよぉ汗)
蓮 美緒今日は頑張れよ!俺もいくからよ。(小声)
美緒 は、はい!(びっくりしたぁ。。。先輩に声かけられるなんて。。。。。。ぇぇぇぇぇぇっぇぇぇえぇぇぇぇ!?先輩も来るってぇ~!?)
そんなの、嫌だァァァァァァァァァァァ!
~コンサート会場~
美緒 うぅ、緊張する~泣
マネージャー 美緒ちゃん!スタンバイお願いしま~す
美緒 は、はひっ!
アナウンサー さぁ次は、新アイドル!白雪 美緒さんの登場でーす!
美緒 (呼ばれたァ!!)
アナウンサー さぁこちらへどうぞ^^
美緒 はい!よろしくお願いします^^;
質問コーナーが終わり、美緒の歌が!
♪~♪~
美緒 っっ!(あれ!?声が。。。)
蓮 !!!(あっ!そうだ!!)
美緒 (あれ?誰か前に出て、、、せ、先輩!?!?)
蓮 ジャンジャーン(ギター)
美緒 (あ~!この歌聞いたことある!って私の歌!?)
蓮 (う・た・え!)
美緒 はっ!すぅっ。。。
美緒 春風吹かれて~君はどこにいる~。。。
コンサート後、ふたりは結ばれたとさ
こんな感じです!

苺王子好き 2013年9月15日 11:57 ID:NDY3OTU5M

ヅラ子とエリーちゃん作ったw

さきこ 2013年9月15日 10:19 ID:MzA0NjA1O

うちもこのシリーズ好きヽ(*´∀`)ノ

MIKU♡ 2013年9月15日 09:51 ID:NDgwNDI5O

このシリーズもっと出してほしぃぃ
大好きぃ♪

プリン 2013年9月15日 09:48 ID:MzMzOTkwO

二人は兄妹っていう設定で。
左側「美緒」 右側「信二」

信二「あ・・・・・。あのさ、美緒・・・・・・」

美緒「ん・・・・?何?」

信二「明日から・・・・父さんの仕事の事情で引っ越すことになったって・・・・・。母さんが言ってた・・・・・。」

美緒「・・・・・・・・だよ・・・・・」

信二「え・・・?」

美緒「やだよ・・・・・!」

信二「そんなこと言っても・・・・・・。」

美緒「だったら!私家出する!」

信二「お・・・・おい!待てよ!」

美緒「ちょっと離して!」

信二「チュッ!」

美緒「・・・・・・・!」

信二「これ・・・・で・・・・・いいか?」

美緒「う・・・・うん。」

てな感じかな。

のんの 2013年9月15日 09:30 ID:NTkzODY1N

新しいのだっ!このシリーズ好き~!!

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

※書き込む前に読んでね

このゲームに関する感想、評価、攻略など気軽に書き込んでいってください♪
モラルに反するコメント、ゲームに無関係なコメント、連続投稿などは削除対象です。
またコメントの反映に時間が掛かる場合があるので、コメントが反映されるまで連続投稿は控えてお待ちください。

コメント欄にはゲームの感想を、それ以外の雑談等は掲示板チャットルームをご利用ください。
またゲームが表示されない方やコメントが反映されない場合は一度当サイトについてをご覧下さい。

当サイトでは無料で遊べる無料ゲームを大量に紹介しています!ちょっとした時間にPCゲームを楽しんでいってください!

ランダムゲーム
マリオキックアス スクールプリティガール フォートレスモンスタータワー4 ビデオゲーム ヒーローズ ワールド オン ファイヤー ザ バレーホテル サイバーチェイサー アンビュランストラックドライバー2 スマイル ウィズ サンフラーズ ピンアウト ヒドゥンファーブルズ 2 ウォリアーエンジェル Unlimited Bunker ライトスプライト トラフィック コリジョン グラムネイル シネマ パニック 2 Zombocalypse チップファミリー ゲットレディーフォーキャンピング ドリーム シンフォニー Skyfyre2 ハロウィンパーティー ドレスアップ 2 ボブ ザ アールキオロジスト 2
イチオシ!ゲーム
サイト内検索
オンラインゲーム

▲ページTOPへ