無料ゲームタイムHome > 無料着せ替えゲーム > 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 12

ヘッドライン

着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 12

マンガクリエイタースクールデイズ 12

男女のシチュエーションを作る着せ替えゲーム第12弾。
今回は男性教師と女性生徒という内容で画面を一度クリック後に男性、女性、ペット、背景から変更したい場所を選び画面上のアイコンより表情、髪型、服装、アクセサリーなどを選んでオリジナルのシチュエーションを作っていこう。

操作方法

マウスで操作

スポンサーリンク

このゲームで遊んだ方はこんなゲームでも遊んでいます

  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 10
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 11
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 13
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 14
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 9
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 16
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 7
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 17
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 8
  • 着せ替えゲーム マンガクリエイタースクールデイズ 5

新着ゲーム


紹介用リンク

リンク貼り付けタグ

ゲームURL


コメント:76

メロンソーダ 2017年10月21日 15:11 ID:OTc1MzUxM

こんにちは。 メロンソーダです。今回は、2本アップします。宜しくお願い致します。
沖縄修学旅行最終日。先生。
体育教師森川
先生、おはようございます。今日は最終日ですね。全員、無事に、東京に帰って来ること。今日の目標です。ご飯を食べましょう。
森川、じろじろ。ジーーまどかの胸を見ている。
まどか、気持ち悪い。
美琴、あの先生女子生徒の胸を見て触る先生
森川、まどかに接近してきた。まどかの胸を触った。いい感触しているね「モミモミ」
まどか、きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!森川先生が、私の胸を触りました。わいせつしてきました。
優斗、おい森川先公、俺の彼女に手を出すんじゃねーよ殴った。ばきっ
美琴、友達に手を出すんじゃない!警察連絡しました。
綾乃、私のいとこに手を出さないで!
警察が来た。
ウィおうぃお!
逮捕された。
先生、えー森川教諭は、わいせつ罪のため、逮捕されました。処分は、都教委が決めます。
まどか、泣いている。
美琴、あの先生の行動気になったからな。前の生物担当のはげも、辞めさせられたからな。
優斗、まどか、大丈夫か。あの森川彼女に手出し上がったから、もう35億発殴りてー!
先生、今回は、首里城公園と、お土産屋に行きます。
首里城では、
先生、皆さん、1日目にやったシーサー作りと、首里城のことを、東京に帰ったら学校でレポートを書いてもらいます。
まどか、首里城凄い!やっぱ赤い!
遼夜、へーこれが首里城ですか。
先生、パンフレットを見ないで生でみなさい!
カット
土産屋に来ました。
先生,8500円以内で、買って下さい。
まどか、紅芋タルトを買おう。
まどかの、土産メモ
家族4人紅芋タルト2箱。星の砂2つ「ミニ」おじいちゃんおばあちゃんちんすこうショコラ「
1箱」
全員集合した。
先生、那覇空港に戻って来ました。楽しかったですね!帰りの航空券は持っていますか。再度、荷物を確認して下さい。
帰りの飛行機では、
美琴、沖縄楽しかった!
まどか、ねーー!
美蘭、親族多すぎて、10箱買った。
まどか、凄い
1時間半後
先生、東京に帰って来ました!ここからバスに乗って菖蒲学園正門前で解散します。
30分後
先生、学校に帰って来ました!現在18時45分です。女子の皆さんは、注意して大人数で帰って下さい。
帰宅、
まどか、ただいま!
まどかママ、おかえりよく帰ってきたね。今日は、親族、親戚全員集合おかえりなさい会をやるよー。
綾乃、お邪魔します。
まどか、あ、綾乃ちゃん!

2017年3月25日 13:20 ID:OTQyMzQ0N

こうゆうの好きです。

ゆー 2017年1月30日 18:39 ID:MTEyNDIwN

男子…桜井 健(男子生徒)
女子…坂西 朱実(女子生徒)

健)…となるわけだから、こう…
朱実)zzz…
健)…おい
朱実)……
健)起きろ!坂西!!
朱実)あ!!いま坂西って言った!!
健)まだ続いてたのかよ…。
朱実)私の作戦を舐めんなよ!
健)そもそも、付き合ってねーんだから下の名前で呼ぶなんておかしいじゃないか…。
朱実)仲いいじゃん
健)は?
朱実)じゃあ、付き合えばいいの?
健)は?はあ??
朱実)あんたのこと、健って気軽に言いたいもん!!
健)え、いや、あの、は?
朱実)バカ!!
健)あ、え、ええ…
朱実(席を立つ)
健)朱実!
朱実)!?え!?
健)その…無神経なこと言ってごめん
朱実)い、いい…
健)あのさ、付き合ってないけど…名前で呼んでくれ…。
朱実)…やだ
健)え…
朱実)付き合わなきゃ、名前呼ばない!!
健)なんだよ、それwww
朱実)どうするの?t…さ、桜井!
健)無理すんな。名前で呼べよ
朱実)…うん!

ーこうして、新たなカップルが成立しましたー

♡アスカ♡ 2016年12月18日 12:09 ID:ODMwNTE2N

夏美版かいてみました!↓の続きです☆
男→前村 直矢(未奈美と夏美の担任。イケメンの若い先生。女子生徒にモテる)
女→佐々木 夏美(クラスで一番可愛く人気者。前村に憧れている)
女子生徒→鈴木 未奈美(明るく活発。前村と秘密で付き合っている)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夏美が廊下を歩いてると
前村「あっ❕佐々木~」
夏美「あっ❕先生~何ですか?」(やばいー^_^話しかけられた♪)
前村「このプリントみんなに配っておいてくれないか?」
夏美「うわっ・・重・・・」
前村「ははっ☆じゃあよろしくなー」
夏美「はいはいー(ーー゛)あっ❕じゃあ今度一緒に写メ撮ってよー」
前村「はいはいー」
夏美「♪」(やったー☆楽しみだなー(●^o^●))
ーー放課後ーー
夏美は放課後教室に前村がいるから写メを取ってもらおうと一人で教室に向かった
☆夏美は放課後の教室で前村と未奈美がキスをしているのを見てしまった・・・
夏美「・・・」(何あれ・・・二人付き合ってたの・・・?)
ーー夏美は泣きながら走って家に帰るーー
前村「・・・?なんか音しなっかたか?」
未奈美「そう?」
前村「げっ❕もう少しで校長が来る・・・」
未奈美「あっ・・・///そうか~んじゃ帰るねー☆」
前村「ごめんな。気を付けて帰ろよ」
未奈美「うん❕バイバイ❕」
ーー翌日ーー
未奈美が教室に入ると教室がざわめいている
未奈美「・・・?ねーねー夏美どーしたの?」
夏美「・・・っ」
男子生徒「おっ❕鈴木来たぞ~ww」
未奈美「?」
女子生徒「未奈美ちゃん前村先生と付き合ってたのっ⁈」
未奈美「え・・・いや・・・」
男子生徒「マジか~。先生とか結構すごいなーww」
未奈美「そっ・・・それ誰が言ったの⁈」
夏美「・・・私だよ。」
未奈美「え・・・夏美?」
夏美「うん・・・昨日見ちゃったんだー二人がキスしてんの」
未奈美「・・・っ」
夏美「・・・だから今先生校長室に呼ばれてるよ・・」
未奈美「そんな・・・」
そのあと前村が一か月謹慎になったことを知る
未奈美は泣いた
夏美「・・・」(ごめん・・・)

♡アスカ♡ 2016年12月17日 21:53 ID:Nzg0NjgyN

男→前村 直矢(未奈美の担任イケメンの若い先生。女子生徒にモテる)
女→鈴木 未奈美(明るく活発。前村と秘密で付き合っている)
女子生徒・佐々木 夏美(クラスで一番可愛く人気者。前村に憧れている)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆理科の授業で実験中に・・・
前村「よーし。実験始めていいぞ」
夏美「先生ー❕やり方分かりませーん(●´ω`●)」
前村「ん?よし。まかせろ」
夏美「わぁぁ❕先生ありがとうございまーす☆」
女子生徒「あの二人っていい感じだよね~❕」
女子生徒「だよねー。付き合えばいいのに」
未奈美「・・・」(は?直矢は私の彼氏だし・・・)
ーー放課後・二人きりにーー
未奈美「ねぇ・・・直矢ーー」
前村「んー?」
未奈美「あんまりさ、夏美と仲良くしないでよ・・・」
前村「なんで?」
未奈美「なんでって・・・。嫉妬しちゃうじゃん・・・」
前村「・・・っ///。ズルい・・・」
未奈美「え・・・?」
前村「未奈美可愛すぎ・・・///」
未奈美「はっ⁈///何言ってんの❕」
前村「うん。分かった。佐々木とはあんまり話さないようにするよ」
未奈美「うん❕好き・・・」
前村「俺も・・・」
ーーキスーーー
それをドアの外から覗いてた夏美
夏美「・・・」
end
☆夏美版も書こうと思います!

じょうろん 2016年10月15日 22:00 ID:Mjk5MDU2M

先生・・・高田 秀喜  私・・・沢乃 桜  (本名ではありません)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
私 (塾の先生カッコイイな~。塾の中で一番カッコイイ人でみんなに人気があるしなー)
秀 「一人ずつ質問しろ!みんなが何を言ってるか分からないんだ」
秀 「おい、桜、ボケーっとしてるけど問題分かるのかー?」
私 「あっ、はい分かります。」
秀 「本当か?」
~先生は言ったあと先生は私をじっと見つめた~
~質問していた人は皆席に戻り、塾は静まり返った。そして私の噂を【笹木 美乃と佐藤 咲紀】が始めた。

美 「最近、高田先生と桜って仲良いよね」
咲 「そうそう、私ね先生と仲良いの憧れてるの。」
美 「すごいよね」
私 「ちょっ、やめてよ。恥ずかしい。」
~顔を赤らめ私は言ったが、美乃と咲紀は噂をやめない~

咲 「私ね、恥ずかしいから先生とはあんまり話さないの。塾の高田先生は親しみやすくて話せるし同じ学校の人そんないないけど学校は、幼なじみの人がいたりしてね。」
美 「それ、私も同じ。それで、桜につい、嫉妬しちゃったんだよね」
(あっ、そうなんだ)

いおりん 2016年9月17日 16:04 ID:Mzc1NTA0N

理科のイッチ先生と恋するトド子ちゃん

一松「…何 ジッと見ないで」
トド子「この間のこと まだだめなんですか」
一松「何度言えばわかる 生徒と教師は付き合えない」
トド子「っ…私は、一松先生以外好きになれません」

一松「大体ね おれのどこがそんなに好きなわけ」
トド子「…冷たそうに見えても、優しいところ」
一松「…」
トド子「…頭が良くて、字がきれいなところ」
一松「…」
トド子「…」
一松「もうないの おれのいいところ」
トド子「…よ」
一松「なんて 聞こえないんだけど」
トド子「違うよっ!ありすぎるんだよっ!」
一松「は…」
トド子「私はっ 一松先生がっ 好きなのっ」
一松「思うんだけど 松野先生って呼べよ」
トド子「すみません」
一松「そんなにおれのことが好きなら」
トド子「っ…」
一松「付き合ってみる?ヒヒッ」(顎クイ)
トド子「松野先生と いろんなことがしたいです 付き合いたいです…」
一松「アンタ、3年生でしょ。卒業したら、いいよ?」
トド子「? どういうことですか?」
一松「だから…アンタが卒業したら、付き合ったげるって言ってんの」
トド子「っどうして…」
一松「生徒との恋とか…興味あったしな ヒヒ…」
トド子「松野先生、らしいですね」
一松「付き合ったら、一松センセって呼んでいいよ」
トド子「どうせ7歳しか年違うしね?」
一松「ヒヒ…それもそうだな」

ゲームっ子 2016年7月17日 14:49 ID:NjU2OTAyN

先生:ラージ 女子:舞
ラージは教師になりました。
「うううっ・・・ぐず・・・無理だよぉ・・・マネージャーのリーダーなんて・・・」
「おい。なにをしてるんだ?」
「ラージ先生!?どうしてこんなところに!?」
舞はコーチからリーダーになれと言われてたのです。
「どうしてって・・・。ここの担任だからだよ。」
「帰って下さいよ・・・・一人にさせてぇ・・・・うわぁぁぁん」
舞は泣きすぎのあまり目が充血していたのです。
「おいおい・・・・。あいつと出会い方がそっくりじゃねぇか\\\\\\」
ラージは思いだした途端恥ずかしがって顔を隠した。
「先生ぃ?」
「俺の彼女と一緒なんだよ。泣き顔w」
「先生にいたの!?彼女ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!」
ホントは舞はラージ先生が好きだった
「うわああああああああああああああああああああああああああああああああ」
「!?」

ふわこ 2016年7月15日 19:54 ID:NzE5NTk3O

前田美咲→クラスで目立たない存在。妄想&マンガを描くの大好き。密かに川北先生に憧れている
川北拓也→美咲のクラスの担任。女子からは人気がある
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    授業中
美咲「はうぅぅ~❤今日もかっこいいよー。川北先生イケメンすぎー・・・」
妄想中ーー先生が白馬の王子様で美咲がお姫様♡
そして授業に集中してない美咲に先生がきずいて美咲に近ずいていく
美咲「はっ!王子様だ~♡もう遅いですよぉ」
先生「ま・え・だ~ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ‼」
美咲「はっ!・・・先生・・・こんにちは・・・」
先生「こんにちはじゃないだろう‼なーにしてたんだ?」
美咲「えと・・・漫画の材料です・・・」
先生「フー・・・よし!イノコリだ☆」
美咲「えぇぇ・・・そ・・・それって先生いますか?」
先生「おぅ、もちろんだ!」
美咲「・・・(よっしゃー☆キタでぇぇー↑)はい。\\\]
女子生徒達「えぇぇーずるーい・・・センセー私も居残りしまーす☆」
先生「だめだ!今日は前田だけです。いいな?前田」
美咲「は・・・はい・・・♡」
先生「・・・\\\ゴホンっ・・・じゅ、授業だぞー・・・」
✯何かが始まる予感っ!?

rinngo 2016年7月15日 18:46 ID:MjkzNDQyM

とどちょろにした

甘猫 2016年5月4日 18:22 ID:OTM4NjUyM

メガネをかけた日本さんと日本さんの趣味で仕方なくメイド服を着ているイギリス娘できたー・・・・・楽園やなーwwww

ゲーム好き名無しさん 2016年4月5日 10:54 ID:MTkxMTY1O

女:実咲 教師:前宮
〇実咲は担任である前宮に恋をしていた。しかし前宮には恋人が居て・・・・・・〇
「教科書の57ページを開けー」

 前宮先生は私のクラスの先生。主に数学の授業を教えている。授業はすごくわかりやすくて、去年まですごく苦手だった数学が、今は割と得意になっていた。
 しかも前宮先生は、授業以外は面白くて、男女問わず生徒からは絶大な人気を得ていた。
 だから、私は恋をしていた。
 担任である前宮先生に、恋をしていたのである。
 でも前宮先生は今年・・・・・・2年前に籍を入れていたらしく、私の恋が叶う事はもう皆無だった。
 そもそも、生徒と教師の関係なのだ。仮にかなったとしても、そんな事がばれたら最悪前宮先生は学校に居られなくなる。
 だから、初めから理解していたのだ。私が前宮先生を好きになった時点で、私の恋が叶うことは無いという運命に。

*

「実咲ー、帰ろー」

 友人に声をかけられ、私はすぐに返事をして鞄を持った。他愛のない話をしながら校門をくぐろうとした私は、ある異変に気付く。

「あれ・・・・・・ストラップ、無くなってる?」
 朝、確かに鞄に付けてあったはずのストラップが、無くなっていたのだ。
 もしかしたら教室に落ちているのかもしれない。そう思った私は友人に事情を説明して、自分の教室まで戻っていった。

*

―――教室―――
「あれ、実咲?どうしたんだ」
 教室に入った瞬間、私の心臓がはちきれそうになった。
 一番最初に目に入ったのは、日誌を確認している前宮先生。驚いたような顔をして、前宮先生も私の事を目でとらえていた。
「あ、ええと・・・・・・その、ストラップ?を忘れてしまって・・・・・・」
「ストラップ・・・・・・ああ、これの事か?」
 そう言って前宮先生は、教師用の引き出しから何かを取り出し、それを私に見せてきた。
「?」
 前宮先生の手をのぞき込むと、そこにはウサギのストッラップが。
「・・・・・・そうです!これです!ありがとう先生!」
「いいや。どうしたしまして」
「そうだ。・・・・・・この際だから、実咲には伝えておこうかな」
「?何をですか?」
「俺さ・・・・・・今週いっぱいで、学校辞めるんだ」
「・・・・・・え?」
 一瞬、世界が止まって気がした。1秒、2秒。そのたった短い時間が、私にはとても長く感じた。
 上手く呼吸ができない。視界がぼやける。喉が詰まる。
 今、前宮先生、なんていった。
 学校を―――辞める?
「なんっ・・・・・・なんで、そんないきなり!こんな中途半端な時期で!」
「子供が、産まれるんだ」
「・・・・・・え?でも、それだったらどうして先生が辞めるんですか!?」
「今俺な、県外から来てるんだ。ここまで来るのに結構時間がかかる。だから当然、帰るのにも時間がかかるんだ。でも、自分が住んでいる県に戻って、そこの学校で働いていれば、早く子供に会えるし、妻の手伝いだってできる。・・・・・・分かってくれるか」
「ッ・・・・・・そ、れは・・・・・・」
 そうですか。それなら仕方がないですね。今までありがとうございました。
 そんな事、言えなかった。
 どうせこの恋が叶わないなら、せめて残りの2年間はずっと先生を目で追っていこうと思っていた。
 でも、それすらも叶わない。
 だったら、だったら今。今すぐに、伝えたい。
 そう、思ってしまったんだ。
 どうせ断られてしまうとしても、それでも――最後まで後悔したままなのは、嫌だから。
「先生・・・・・・今まで、ありがとうございました!・・・・・・私、れんっ、恋愛的な意味で・・・・・・先生の事、大好きです!」
「実咲・・・・・・うん、ありがとう。・・・・・・ごめんな。けど、勇希出してくれてうれしかった。本当に――今までありがとうな」
「はい!・・・・・・ありがとうございました!!」

 その瞬間、今まで喉のあたりに詰まっていたものが、すっと流れていった気がして、すごく楽になった。
 声も大きかったし、涙で顔もぐしゃぐしゃだけど―――でも、後悔はしていない。最後に先生に想いを伝えられて、最後に先生の笑顔が見られて、本当にうれしかった。

 翌日、先生はクラスのみんなにそれを伝え、そして次の週には、前宮先生の姿はなかった。

ひよこ乙女 2015年12月29日 17:37 ID:MTMzNDY5M

女子が男子にアゴくいされている感じのシリーズの続きです★
女「北川アリス」お金持ち・生徒会長・優しい・男子からの人気者
男「佐々木翔太」面白い・学校の人気者・バスケ部キャプテン
翔太の友達「小川春樹」クール・女子からの人気者・バスケ部副キャプテン
—————————————————————————————————————————
翔太 アリス❕頼みごとがあるんだけど
アリス 何❓翔太さん
翔太 俺全部赤点とっちゃった・・・(汗)
アリス 全部・・・⁈
翔太 だから今日の放課後勉強教えて❓
アリス ・・・わかりました。
翔太 まじ❓サンキュー★
★放課後★
アリス えっと、ここの公式は・・・・
翔太 ちょっと待って❕全然頭にはいってこない
アリス えっと・・・じゃあ休憩しますか❓
翔太 やったー❕
アリス ・・・(汗)
翔太 ・・・ねーねー
アリス はい❓
翔太 アリスって好きな人いるの❓
アリス え・・・いませんけど
翔太 ・・・だよね~♪
アリス (でも翔太さんの事ちょっとだけ・・・)
翔太 もう疲れた~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾帰ろ~❓
アリス 早・・・(汗)
★続きは女子が男子にキスされそうになっているシリーズです★

★SENA★ 2015年12月26日 12:06 ID:MTE5NzE5M

女「由紀」 男「健人」
★由紀は成績が悪く男友達(片思い?)の健人に勉強を教えてもらっていた
健人 お前ってこんな簡単な問題も解けないの?(笑)
由紀 うるさい!べっ・・・別に解けるし~・・・マジ余裕~♪(ウソ)
健人 なら一人でできるな?じゃあ俺眠いし帰ろ~
由紀 まっ・・・待ってやっぱ解けない!
健人 しょーがねーなー・・・特別だぞ?俺に感謝したまえ(ドヤ)
由紀 ねえ健人ってさ・・・
健人 何?
由紀 ・・・やっぱいいや!
健人 は?言えよバカ
由紀 ・・・健人って好きな人いる?
健人 ん~・・・一応
由紀 そっか・・・
健人 お前は?
由紀 ・・・いるよ
健人 ふーん・・・
由紀 告白しないの?
健人 だって多分その人俺の事嫌いだと思う・・・
由紀 そんな事ないよ・・・健人良い奴じゃん
健人 ・・・ん~・・・じゃあ告ろうかな
由紀 ・・・頑張って!(失恋したなー・・・まあ応援した方が良いよね)
健人 俺、由紀の事好きなんだけど
由紀 ふーん・・・ってえぇぇぇぇぇぇえー!ウソ・・・
健人 本当だしバーカ・・・ずっと前から好きなんだよ
由紀 ・・・・
健人 で?返事は?俺待つの嫌いなんだけど
由紀 ・・・私も健人の事好き
健人 マジで?よっしゃ~!
                    ★終わり★

名無しさん 2015年11月15日 18:44 ID:Mjk5Mjk5N

瑞野先生(あだな みずせん)   高峰カナ
カ「はあぁ...」
瑞「何高校生がため息ついてるんだ?」
カ「みずせんのせいだよ...」
瑞「俺がなにしたっていうんだよ」
カ「せっかくの休みなのになんで勉強しなきゃいけないの?放課後でもいいのに~」
瑞「放課後じゃお前ら絶対に逃げるだろ」
カ「でも~」
これがカナが瑞野先生に恋する始まりだった...

みっさー星☆ミ 2015年11月7日 20:03 ID:MTI3MjQwM

超遅くなってすみません!!1の続きです!!
♀ 桜木 美琴    先生 木賀 智紀
その他の仲間!!  坂田 俊斗  三上 彩乃
__________________#2___________________
キンコーンカーンコーン
誰か「起立 礼 ありがとうございました」
俊斗「あぁ、終わった終わった、学校終わったゼーーーーー」
美琴「静かにしてください!!」
騒がしい、いつも通りです
俊斗「やあああああ、すまん、すまん」
彩乃「み、美琴ちゃん・・・」
美琴「彩乃さん??」
彩乃「昨日はごめんね!!」
美琴「ううん、大丈夫」
木賀「おう、そういえば・・・三上、ちょっとこい!!」
彩乃「ひゃ、はいぃ~」
木賀「放課後残れ」
~~放課後(つまり10分後)~~
木賀「三上、勝手にかえるな、それから坂田も!!」
俊斗「えぇ~、俺、塾あるんですけどぉ~」
彩乃「やってないじゃん」
俊斗「そうだった、アハハハハ・・・・・・・」(俺つまんな)
美琴「私、となりのクラス行ってきます」
木賀「おお、美琴!!」
美琴「坂田さん、やけにおかしい、何か隠しているのね・・・」←小声の独り言
本当にそう思った、なんでだろう・・・
~~3分後~~
彩乃「だから、美琴ちゃんが・・・」
木賀「ふぅ~ん、なるほど、わかった、三上は帰れ」
俊斗「へ、俺は??」
木賀「昨日さぼってにげたから、学校の池の掃除だ!!」
俊斗「ガガガガーーーン、オワッタ・・・」
木賀「知らん、あっ、美琴来い!!」
美琴「はい」
木賀「やりすぎだぞ、美琴」
美琴「すみません」
木賀「あっそうだ、これ、今月中に提出して」
美琴「これは・・・・・・」
木賀「ここに書いてあるんだ『しっかりもので妹のいる娘は美女となり人気になるだろう』と」
美琴「だからって、そんな、私にこんなことを??」
それは『学校1のモデル決定戦、中学生関東部門』(美琴は千葉にいるよ!!)の紙だった
関東??妙に違和感を感じました、普通、市内や県内のはずなのに・・・
木賀「市内はパスできたぞ、県内は写真だから全然平気で受かったんだ」
美琴「ちょっとまってください、校内で私だけですか??」
木賀「そうだ、校長が言ってたからさ、1番美人って」
美琴「そんな・・・」
木賀「やるしかないだろ、やーれ」
美琴「わかりました・・・・・・」
~~5分後~~
俊斗「掃除終わったー、あれ、美琴じゃねーか」
美琴「なんで坂田さんは浮いてるの??」
俊斗「いやーー、知らないっす」
美琴「そう・・・・・・」(先生以上に変な人)
_____________________________________
超長文すみません
また遅くなるかもしれませんが7に続けます

ゲーム好き名無しさん 2015年8月11日 20:42 ID:MTE1NDk5O

先生は岩野 かいと 無口でもイケメン♥女子から、人気!
女の子は、金光 小春 無口密かに先生に恋をしている

先≪出席を俺が届けに行かないといけないと!」
小春「あの・・・・」
先≪なんだ小春か…もう遅い帰るといい!」
小春≪その…出席私が持っていきます!」
先「!お・おまえが?」
小春「はい!」
先「ok!わかったよ!」
その帰り・・・
先≪やっべー、もう5時だ!」
小春「えーーーーー」
先≪今日はお前を送る」
小春≪ア・ありがとうかいと♥」
先「お・おまえのことすきだ」
小春「ええ!わたしも!」
長文すみません!

シフォン 2015年5月9日 19:01 ID:MjQ1Mjc3N

教師「ちょー変態桑原先生」 女の子「学校一?可愛いシオちゃん」

桑原「おい、臼川シオ今日残れ」
シオ「なんでーーーー?テスト100点だったよ?」
桑原「いいから残れ!いいな?」
シオ「(なんの?このセンセー)」

ホーカゴ♥ 

シオ「もーなんなんですか?」
桑原「あのさ、、、、スキ」
シオ「はあああああああああああああ?」
桑原「ずっと見ていたんだ、可愛いなって!」
シオ「バカ言わないで下さい!貴方教師ですよ?」
桑原「ううううう(泣)」
シオ「(涙もろww)大丈夫ですか??」
桑原「1つだけお願いがあるんだ。」
シオ「もーなんですか?」
桑原「キスしろ」
シオ「な/////」
桑原「可愛いぞ♥早くいいだろ別に」
シオ「バカアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!」

この後、桑原は逮捕されました。
暴走してすみませんwww

ぷりん 2015年4月27日 20:00 ID:NTM0NDI2N

女  優  男   伊藤先生
優  ウチは伊藤先生のことが好きでもダメだって分かってるから友達にも相談できない
先  俺は優が好きだでも俺には彼女もいるし先生だ
優、先 でもこの気持ちを伝えたい
キーんコーンカーンコーン
優  はー授業終わったー  さっ帰ろっと
先  おーい 優放課後ちょっと残れー
優  はい!なんだろ?
先  わっり! ちょっと遅れた
優  大丈夫!今日は何の用?
先  今日告白しよう!
先  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
優  先生?
先  優俺お前のことが・・・きだ
優  ?先生もう一回言って!よく聞こえなかった
先  はっ?しょうがないなー
先  俺お前のことが好きだ!
優  はっ?えっ?深呼吸 
優  えっ?でも先生彼女いましたよね?
先  そんなことも知ってたのか
先  この前別れた
先  俺と付き合ってくれないか?
優  ウチも先生が好き!お願いします
先  まっまじで!?
優  うん
先  でも俺らのことは秘密な
優  うん二人だけの秘密
この後優の卒業にあわせて二人は結婚し一生幸せに暮らしました
                                             fin
長くてすみません
今回は先生と生徒両方の視点でかいてみました!よろしければ評価お願いします

アリス 2015年4月26日 19:20 ID:OTcxODM1N

わぁ~皆さんそれぞれのストーリーがあって面白いですね。
私も考えてみました!先生がちょっと悪い人です!
女の子→コトハ 中2 先生 保体担任→石野先生 (コトハの姉のヒカルが好き)
いきなりでわかりにくいですよねuU
ヒカルとコトハは双子の姉妹です
・・・・・・・・・・
コトハ「(最近ヒカルが石野に変な目で見られてるとか言ってたわね….)」
先生「では、授業を終わります。」
コトハ「(やっぱりね、ヒカルの方ちらちらと見てるわ、いやらしいやつね)」
先生「ヒカルは放課後残りなさい、わかりましたか?」
ヒカル「えっ….、あ、はいわかりました」
コトハ「(あ・や・し・す・ぎ)」
・・・・・・
舞台はお昼休みに移る
コトハ「ヒカル・・・あんた石野のことなんだけど」
ヒカル「わかってる、でも…」
コトハ「無理に残らなくても…早退したらいいじゃない」
ヒカル「部活はどうするんだ?主将である僕がいないと…」
コトハ「はぁ….そういうと思った、いい作戦が考えてあんの」
ヒカル「またろくでもないのを考えたのか」
コトハ「ふふふ…石野を離島へ!島流しにしてやりましょうよ!」
ヒカル「好きにしろ」
・・・・・
この後、石野先生は生徒の盗撮、生徒へのセクハラ等で刑務所にいるとかなんとか….

短い&駄文ですいません!!
また、このシリーズのどれかでコトハたちがいたらよろしくしていただけると嬉しいです
すいませんでしたm(_ _)m

緒織 2015年4月3日 16:06 ID:NzA4MjI3M

先生は歴史の先生です。
女子は転校生で、外人で、リンっていう子です!

先生「おーい、そろそろ覚えてくれよー」
リン「えっと、むらしきさきぶ?」
先生「紫式部な、まあ、だいぶ良くなったけど・・・」
リン「最初はぬなじきしぎぬって誰、って感じだったよね笑」
自覚してるんならしっかり覚えようか、と言われて確か53回目の紫式部の音読。
夕方の補習の時間はやけにゆっくりで、気持ちよかった。
リン(このままだったらいいのになあ・・・)
見上げた先生はどうするか悩んでいるようだった。
りん「せんせー」
書き取りしていい?
飲み込んでくれるとは思わなかった。
紫式部を何回もノートに書いていく。
まだまだ直したい字でノートは黒くなっていく。
先生「まだまだこれからだからな!」
リンは顔を上げて、ブーと言う顔をする。
俺にそんな顔は聞かんぞ、と言われてまだまだ続きそうな補習は再開された。
                                                   FIN

長文駄文ゴメンナサイ。
ありがとうございました!

美樹 2015年3月27日 16:17 ID:NTI5ODk1O

みんな小説お疲れ様!みんな小説つくるのうまいね!いいなぁ…
ゲームのサムネの先生がテニスの王子様の柳生比呂士に見えたわクッソw
適当に先生は真田弦一朗でやろうかな思ったけどイケメンになったふけてない真田じゃないw
女の子は適当でやったよ… てかどういう設定なんだろうかねw

小学生キレぬこ@歌い手準備中野崎エミ 2015年3月25日 10:44 ID:MjExOTk3M

初音ミクの「 くたばれPTA」でミクと教師が喧嘩して反抗しまくってるイメージシーンが作れたwww

蓬莱山 輝夜姫 2015年3月17日 19:07 ID:NTg4MTYwM

教師 石原征吾 とてもイケメン。数学の先生で、男女問わず人気がある

生徒 月神ショコラ 美少女。無口でクラスとあまり関わりを持たない。友達はいる。本が大好き。

月神「先生。」

石原「なんだ?」

月神「このバラ・・・あげます。友達に渡そうとしたら、冗談きついと返却されてしまったので。」

石原「サンキュー!にしてもすげぇな・・・何本あるんだ?」

月神「九十九本です。意味・・・分かりますか?」

石原「いや・・・しらねぇな。祝い事か?」

月神「違います。本当に知りませんか?」

石原「ホントだって(・_・;)」

月神「はぁ・・・。ずっと好きでした。」

石原「は?」

月神「そのバラの花束の意味です。」

石原「ああ!彼氏に告ろうとしたら失敗したってことか?」

月神「いいえ。私に彼氏はいませんし、最初からだれにも渡してません。」

石原「どういうことだ?」

月神「・・・貴男の事が好きと言うことです。」

石原「え!?俺の事が?」

月神「ごめんなさい。自分勝手で・・・。ダメですよね?」

石原「・・・」 スッ 石原が月神の正面へ

月神「?」

石原「そんなことないよ。俺もお前の事が好きだ。」 ギュッ 石原が月神に抱き着く

月神「////////先生」

石原「お前もそんな顔すること、あるんだな!」

チュッ・・・

石原「かわいいな。」

月神「これは、その・・・//////」

石原「照れなくてもいいんだぞ?」

月神「はぁ////////」

石原「ずっと、愛してやるからな/////」

月神「私もです/////先生/////」

こうして二人は永遠の愛を誓いました・・・

長文すいませんorz

そらか 2015年3月4日 12:27 ID:ODc2MDU0M

来世のFTジェラールとエルザ的なのできた。

ふなっし-- 2015年3月3日 17:16 ID:Njk4ODM5O

きました きました きました    き・ま・し・た————————————–

ゲーム好き名無しさん 2015年2月11日 12:53 ID:MTA5NjI3M

先生は、勇人.    女の子は、陽菜
先「ふー」
陽「ヤバ・先生が来たし」
先「あ、机にノートが置いてある」
先「誰のだろう。あ名前が書いてある」
陽「…あの、」
先「ん・・」
先「陽菜・・・・まだいたのか。」
陽「あの、ノート忘れて・・・・」
先「あの・」
陽菜「・なに」
先「陽菜は、ヒナは、か・かわいいヨナ」
先「チュ・・・ちゅちゅちゅちゅちゅ」
陽「せ・・・・先生、今は…私に・・・」
陽「へ・ん・た・い・ゆ・う・と・」
先「え…ははは。おもしろいな、陽菜は」
陽・先「はははははははあははは」

まい 2015年1月31日 23:14 ID:NTgzOTAxM

女…ジュネ   先生…考生(こうせい)                                                                                                 女(今日は、テスト!だいじょうぶかな…)                                    先「では、テストだぞ〜では、始め!」                                      先生がジュネのテストを見に来た。                                       先(お、しっかりやってるな。しかもかわいい!)                                 テストが終わってジュネが先生にこういった。                                 女「好きなんです!」                                                先「先生もだ。」                                                   小3ですが、何とか作り上げました。私も担任の先生がなぜかもすきなんですよね。両思いなストーリーでした。

ゲーム好き名無しさん 2014年12月26日 17:57 ID:Njc0Mjc4N

先生 村木優…国語の先生。名の通り優しくて、女子生徒からの人気が絶大。百合を気にかけている。
女子 如月百合…優の生徒。本以外に興味なし。クラスメイトともあまり交流を取らず、大体放課後は図書室に居る。
百(やっと、授業が終わった。…図書室いこ…)
~図書室~
百「今日も、人いない。ラッキー…。何読もうかな」
その時、
優「やっぱり、ここにいた」
百「…?村木、先生…?」
優「いつもここにいるね。どうして?」
百「クラスの人とあんまり仲良くないし。本の方が好きだから」
優「へぇ。本、好きなんだ。だから、いつも図書室に来てるんだね~」
百「うん。本を読むと、なんだか落ち着くんだ。それに、図鑑とか読むと、知識がついて自分の世界が広がっていく気がする」
優「そっか。本を読むことは、とても、いいことだよ。どんどん読みなさい。だけどね、本だけじゃ分からないことはいっぱいある」
百「…分からない、こと?」
優「そう。例えば…人間の心理、気持ちだね。相手が何を望んでいるのか、なにをしてほしいのか。逆に、望んでいないこと、してほしくないこと…とかね。これは、生の人間と沢山ふれあうことで、成長していくものだと思うんだ」
百「…でも、私は、本の方が」
優「分かっているよ。確かに、君は人間より本の方が、もっと好きなんだね。でもね、少しずつでいいんだ。少しずつ、本以外の世界にも、目を向けていきなさい。君の好きな知識が、もっとついて行くと思うよ」
百「…わかった」
優はにっこりと、微笑んで百合の頭を「ポンポン」と撫でた。
優「わかったなら、いいんだ。さてと、僕もほんをよんでいくかな~」
そういって、百合の隣に座り、百合が帰るまで一緒にいた。
~その後~
学校の卒業式を終えた百合は、ある人の元へ、向かっていた。
百(…!いた)
百「む、村木せんせー!」
優「おー、如月!卒業、おめでとう」
百「あ、あの、皆と少しだけど、楽しく喋れた」
優「うん」
百「皆の相談に乗れた」
優「うん」
百「皆と協力できた」
優「うん。頑張ったね」
百「あ、あとね、その…。ひとつ、言いたいことが、ある」
優「ん?どうした?」
百「…き」
優「え?ごめん、もう一回言って」
百「ぅ…。だ!い、すき!」
優「え!あ、ありがとう…。え?ちょ、ちょ、え?あ、うん。ん?え、あぁ、えっ?ちょ、え?」
百「先生、落ち着いて」
優「あ、あぁ!うん。ありが、とう。ごめんね。その…僕…」
百「ごめん。ダメだね、先生だもんね…」
優「い、いや!そうじゃないんだ!その、僕も、なんだ」
百「…え?」
優「僕も、君…、ゆ、百合の事が、好きですっ。そ、その、良かったら、お、お付き合いを…」
百「…はい。もちろん!」
その後二人は、幸せに暮らした。
長文失礼。

カピバラ 2014年12月23日 18:04 ID:NDU3OTcyO

女の子と男性教師の禁断の恋・・・

月瀬 2014年12月22日 23:54 ID:NDA4MjQ2O

女の子=夏野 

~先生目線~
授業中にも関わらず、友達と話す夏野を見て
本当だったら、叱らなければいけないのだけれど
なぜか、見惚れてしまった。
なぜか、愛おしいと思ってしまった。
この気持ちの名前を、僕は知っている。
でも、この気持ちを伝えたら、
夏野はきっと、困ってしまう。
だから僕だけの秘密にしよう。
夏野が大人になる 
その時まで……。

先生、タイプですw

ゲーム好き名無しさん 2014年12月21日 14:09 ID:NDE4MzU1O

居残りを、想像できる。

クローバー 2014年12月20日 12:28 ID:MzYwMDE1N

男「田中 祐司」 女「佐藤 美紗」 美紗の友達「西村 乃愛」
乃愛「美紗~あんた田中くんの事すきでしょ~?」
美紗「えっ!?なんで知ってるの?」
乃愛「見てれば分かるって♪応援するからね」
美紗「ありがと・・・\\\\\」
乃愛「田中くんは、かっこいいし成績優秀で運動神経もいいもんねー美紗にお似合いだよー」
美紗「うん」
乃愛「田中くん放課後は図書室にいるみたいだよ。行ってみたら?」
美紗「うん!ありがとー」
放課後
美紗~田中くんはどこだろ?っていうか人がいないような・・・とりあえず、席で本読むふりして田中くん探ししよ~
5分後
美紗~いたぁーーーーーーー~
美紗~かっこいいなぁー田中くんは~
じーーーーーーーーーーー
田中「おっ!佐藤じゃん本好きなんだ」
美紗~ばれてしまったぁー~
美紗「まあね」
美紗~本当はあんまりすきじゃないけど~
田中「へー意外だなぁ~」
と美紗に笑いかける
美紗~どきっ~
美紗~どうしよー告白しようかな・・・?~
美紗「田中くん!実は私あんまり本がすきじゃないんだ・・・」
田中「あっそうなんだじゃあどうしたの?友達でも待ってるの?」
美紗「ううんたった一人の大好きな人に会うため、田中くん好きです付き合ってください」
田中「俺も佐藤の事が好き、お願いします」
美紗「嬉しい・・・\\\\\」
田中「ちょっと来て」
図書室のはじっこに連れていく
田中chu♥
美紗「田中くん・・・」
田中「田中って呼ぶな祐司と呼んで」
抱き寄せてまたchu♥
美紗「\\\\\\\」
田中「佐藤・・・じゃなくて美紗ずっと一緒にいような」
美紗「うん!!」
happyend♪

ぷにゃっしー 2014年12月9日 16:21 ID:OTQ0OTY3N

近キョリ恋愛っぽくなった

トニー 2014年12月7日 19:48 ID:MTgzNTU4M

クローバーみたいねおましろい。

遊戯 2014年12月6日 20:03 ID:MjgyMzQ2M

男性;関西弁の遊戯    女子:さやか
遊戯「お前は、こんなんもわからんのか」
さやか「だってわからんもん!」
遊戯「開き直るな、阿保」
さやか「は~、やる気出えへん」
遊戯「しゃーないなー」
〈チュッ〉
さやか「ほぇ?」
遊戯「ちゃんとやったら、続きしたるから」
さやか「頑張る!」
遊戯「其の意気や」
それからさやかは、やる気を出して全てやりきり、ご褒美を貰った

ゲーム好き名無しさん 2014年11月21日 16:08 ID:NDA0NDMwM

女性生徒?
弄くって金髪の女性教師と男性生徒にしてやったぜ!

オレカ好き 2014年11月16日 13:54 ID:MzQwNjg0N

男子・・・阿久津 葵  女子・・・柊 花蓮

葵「ここは分配法則でこうなる。で、このYも-3Yになる・・・聞いてる?」
花「・・・・ハッ! え、えと、聞いてるよ。」
葵「じゃぁ、僕が言ったこと、言ってみ。」
花「・・・・・・・なんだっけ。(うぅ…幼馴染に家庭教師をやってもらうとは・・・)」
葵「あのね、僕も暇じゃないんですけど、やる気ないなら帰るけど?」
(花蓮の頬をつねる)
花「いでででっ! ごめんって・・・」
葵「・・・まぁ、君の寝顔に免じて許してあげるけど・・・」
花「・・・・え・・・あ、え、ちょっ」
葵「あー、あと写真とって永久保存しといたよ」
花「・・・・・・・・勘弁してくださいよぉ」
葵「・・・そうだなー・・・ただで許すのもなー」
花「どうすればいいですか! 堪忍!」
葵「よし、こうしよ。」
ちゅ
花「・・・・( ・A・ )」
葵「ほら、ボーッとしないでさっさとやるよ、またキスするよ?」
花「よし、ボーッとするぜ!」
葵「はいはい・・・」
ちゅ
花「頑張れる気がしてきた。」

その後、葵と花蓮は見事に満点を取れたのでしたw

つくつくさん 2014年11月10日 15:18 ID:MTAxOTgzM

先生:荒野 宏 弱気な先生 女子生徒:有川 静歌 テンション高い女子高生

有川「・・・・・・・先生、ここわかんないです」
荒野「・・・・・・・あぁ、ここはね、こうして・・・・。」
有川「・・・あぁ!そーゆーことですね!はぁぁ、先生頭いいですね」
荒野「一応、先生だからね。頭良くないと、なれないし・・・・・・・。」
有川「見直しましたよー。弱気な先生ってイメージしかなかったのに」
荒野「そ、そう・・・・・・?ありがとう」
有川「私の彼氏になってくださいよ」
荒野「え!?か、彼氏!?だ、だめだよ、先生と生徒なんてっ・・・・・・。」
有川「嘘ですよ、先生。彼女、いるんでしょう?」
荒野「え?いないけど・・・・?」
有川「え?そうでしたっけ?」
荒野「うん。・・・・・・・・・・・・・・す、好きな人なら、いる、けど・・・・・・・・・・・・」
有川「え!?誰ですか!?名前は!?年齢はっ!?」
荒野「い、いや、言えないよ、そんな事・・・・。」
有川「あ、もしかして、ここの生徒!?キャー!さっきダメとか言ってたのにっ!」
荒野「ち、違うっ!・・・・・いや、ちがくもないかもだけど・・・・・・」
有川「ええええええええええ!?本当ですかぁ!?うっそぉ!」
荒野「ししし、静かにっ!他の先生に聞かれたら、僕、大変なことになっちゃうから・・・・!」
有川「あ、はい。分かりました。・・・・・・・・・・・・で、その好きな人って、誰です?」
荒野「い、言えないよ、さすがに~」
有川「イニシャル!イニシャルだけでも!どうか!」
荒野「っ・・・・・・・・・・・A、S・・・・・・だよ」
有川「A、Sぅ?・・・・・・・・・・・うーん、わかんないですー」
荒野「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ。」
有川「?どうしたんですー?せんせー?だいじょーぶー?」

自分のイニシャルがA、Sなのに気づくのは、卒業式の時、先生に言われて初めて気づくのであった・・・・。

リアルアンパンマン 2014年11月9日 21:02 ID:MzM5MzkwN

一学年で人気の先生・新里勝彦
男に興味がない、男まさりな女子高生・山崎姫織

(姫織)な、なんだあの先生…なんでさっきからみてるの!?
(勝彦)どこかわからないところはあるかい?
(姫織)別にないですけど
(勝彦)相変わらずさめてるね、ま、そんなところもカワイイんだけどね(ニコッ)
(姫織)は、は!? 顔が赤くなる
(勝彦)あ、赤くなった。カワイー
(姫織)どうせあんたも遊びで好きとか言ってるんだろ
(勝彦)な訳無いじゃん
(姫織)あたしは昔から男まさりでからかわれてた、ある日告白されたんだその時本当にすきだった人だったから本当に嬉しかった。でも次の日告白してきた子が話してた
お前告白成功したんだってな!良かったじゃん!
は!あんなの嘘に決まってんじゃん!って言ったんだ。それから好きとか言われると信じきれなくて・・・
(勝彦)大丈夫、俺はそんな奴らとは違う、ちゃんとキミのことが好きだ!
(姫織)先生。。。ありがとう!私も先生が好き!!!

長文失礼しました

milk 2014年11月7日 13:28 ID:MTQ0MzQ3M

澤尻絵梨佳 学校1の美女 相葉風花 絵梨佳の親友 平井先生 イケメン教師

~教室~

風花「絵梨佳~!おはよ~」

絵梨佳「おはよっ^^」

風花「グハッ///くっ・・・笑顔が可愛すぎる・・・」

絵梨佳「もう!みんないるんだからね!」

風花「でもお世辞じゃないからね?」

男「やべー、今日も絵梨佳ちゃん超可愛い。」

男「マジで付き合いてー」

男「お前じゃ絶対似合わねぇーだろ(笑)」

男「似合うと言ったら平井だぜ?イケメンだし。」

風花「ほぉーら。男子が可愛いって言ってるよ?」

絵梨佳「でも・・・」

風花「あーそっか!ヒソッ平井先生のこと好きだもんね~♪」

絵梨佳「う、うん///」

ガラッ

平井「席に着けー。授業始めるぞー。」

授業省略
一気に放課後

平井「澤尻ー。」

絵梨佳「は、はい!ドキッ」

平井「話があるんだが、教室に残ってくれないか?」

絵梨佳「あ、はい//」

風花「え!?告白するチャンスじゃね!?」

絵梨佳「分かってるって!先帰っててね!結果はLINEするから!///」

教室

ガラッ

平井「お、いたいた。ごめんな!遅れて。」

絵梨佳「いや、待ってませんから^^ところで話って?」

平井「えっと・・・俺、澤尻の事・・・す・・・好きなんだ・・・」

絵梨佳「え・・・///えっと・・・私もです・・・///」

平井「え!?マジで!?じゃあ・・・付き合ってくれる??///」

絵梨佳「・・・・はい!大好きです!平井先生!」

~END~

 

遊戯 2014年11月6日 12:20 ID:NjAyMDk0O

雪乃「遊戯先生、これわかんない」
遊戯「馬鹿野郎、下の名前で呼ぶな。そんな問題くらい解け」
雪乃「わかんないから、無理」
遊戯「だったら、俺の家で保健体育するか。」
雪乃「やる。」
二人は、手をつないでばれないように遊戯の家に帰って行った。
次の日に雪乃が学校を休んだのは、言うまでもない。

♫MISAKI♪ 2014年11月4日 19:01 ID:NzgzMDg5N

女 鶴井 明音/女子で1番元気! 男 斎藤 楓太/代わりの先生
その他 笹山 桃美/担任の先生 金山 莉奈/明音の友達 
__________________________________
桃美「私は明日学校に来れません
     ごめんなさい、家の用事が入ってしまったの
        明日は斎藤先生が来てくれるわ!」
みんな「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
桃美「・・・・・さようなら!」
明音「莉奈!いっしょにかーえーろ!」
莉奈「斎藤先生ってショックガーン
     あの先生イケメンだからってえらいふりしてさぁ・・・
       あーあホントナルシストだよね」
明音「うんうん
     それにくらべて桃美先生
       美人だし優しいし・・・」
莉奈「なんかぁ~下の名前で呼んじゃうよね
       桃美せーんせーーーってwwwwww」
~~~~~~~~~~~~次の日~~~~~~~~~~
楓太「おはよう」
明音(うっ!イヤダよぉぉ~)
楓太「1時間目は国語だな
      さっ準備して」
莉奈(はぁぁぁぁ~)
楓太「金山さん、ここ読んで」
莉奈「えっ!はい!!!
     ある日~~~でした」
楓太「じゃあ次は鶴井さん!
      読んでください!」
明音「・・・・・・・・」
楓太「鶴井さん!!
     この斎藤先生のはないが
        きこえないなんてなにごとですか!」
明音「え・・・・・あっはい・・・
    犬は~~~~で猫は~~~~をしました」
楓太「もぉぉぉ~~~鶴井さんはあとで残ってください」
明音「あっ・・・はい」(まじかー、桃美先生だったらなぁ~)
チーンコーンカーンコーン
楓太「鶴井さん!何逃げようとしてるんですか!」
莉奈「明音、よろしくね
     みんなのためになるわよ!ファイト!」
明音「うんわかった!!
     先生ごめんなさい」
楓太「それじゃあ、バツを始めるぞ」
明音「え・・・嫌です」
楓太「なんだと!!」
明音「みんなのためです、みんな先生が嫌なんです」
楓太「え・・・・・・・・・・な、なんで」
莉奈「わかってください先生
     桃美先生もいやなんです」
楓太「笹山先生まで!!」
桃美「そうなんです!!」
莉奈&明音「桃美先生!!!!!」
桃美「えらそうにしないでください
     クラスのためいや、学校のためです」
楓太「は???」
校長先生「そうです
        もうクビにしてもいいんですよ
             あやまらないならばですが」
楓太「ごめんなさい・・・」
桃美「放送で校内のみんなに言いなさい!」
放送で
楓太「みなさんいままで
       ごめんなさーーーーーーーーーーーい」
明音「一安心だね」
莉奈「うんよかった」
桃美「わたしも来てよかったわ
     そもそも家の用事がきえちゃったもの!」
__________________________________
終わり   長文ほんとごめんなさいめいわくだとわかってますがやっちゃいます・・・

るびー 2014年11月4日 13:28 ID:NDI1Nzk2N

女子高校
休み時間の教室 女子 深幸 18歳 男教師 吉倉 翔 20歳
「吉倉先生っていけてるよね~」
「もててるし~イケメンがいいところ」
「キーンコ―ンカーンコーン」
教室
吉「では、数学のテスト始めるぞ」
み「うわ~」
5分後
深「おわった~」
深「暇だな~」
吉「深幸、放課後教室に残ってくれないか?」
深「はっはい!」
放課後
深「先生なんですか?」
吉「この頃調子どうだ?」
深「いいほうです!それに大学いけそうだし」
深「先、生」
吉「なんだ?深幸?」
深「実は、先生のことが好き・・・です」
吉「!!!」
深「大好き!!」
吉「わかった」
HapyyEND

美優 2014年11月2日 19:48 ID:NDQ3ODU2N

設定は近キョリ恋愛?

沙夜 2014年11月2日 11:43 ID:NDQ2MDY4N

妄想乙(´◔‿ゝ◔`)

クマモン 2014年10月30日 22:38 ID:NTgxMzQ1N

こんなカッコイイ先生いないよ

      良いねーー(・´з`・)

みりゆり 2014年10月30日 21:28 ID:OTA5OTQxN

女:夜神 彩(この話が訳で伊藤家のメイドになった大学生)
男:伊藤 悠里(この話で杏璃に恋をした伊藤家の執事)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彩「ふぅ・・・」
悠里「(え・・・何?)」
彩「あの、誰ですか?」
悠里「・・・えっと、伊藤家の執事をしている、伊藤悠里です。」
彩「伊藤家ってまさか有名な・・・」
悠里「そうです、どこでも有名なスポットです。」
彩「でも、何故ここに?」
悠里「ただ食事に来ただけです。」
彩「・・・私、伊藤家に住みたくて、毎日頑張ってました。」
悠里「ふむふむ・・・成程、伊藤家に住みたかったのですね。カキカキ」
彩「本気出したいです・・・ちょっと秘密基地に来て欲しいです・・・」
悠里「あ、はい。」
彩「ここ、秘密の図書館なんです。私以外開くためのパスワードを知らないのです。特別に悠里さんに教えます。」
悠里「はい。」
彩「これです。」
彩が悠里にパスワードのメモを見せる
悠里「へぇーカキカキ」
彩「で・・・恥ずかしいんですけど・・・ここでキスしませんか?誰にも見つかりませんし。ドキドキ」
悠里「え・・・いいですよ。ドキドキ」
チュ
悠里「恋人・・・いい・・・ですか?」
チュ
彩「いい・・・・です・・・よ♡」
悠里「さて、どうしましょうか」
彩「とりあえず、優さんにメイドのことを連絡します。あとここでキスしたことはもちろん言いません。恋人のことも絶対言いません。私と悠里さんの二人きりのときだけ恋人二人で話しましょうよ・・・♡」
悠里「は・・はい。(二人きりのとき・・・キスもしようかな・・・)」
END
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆうみ 2014年10月28日 18:07 ID:MjMzMzg0N

男「東先生」 女「ノア」
ノア「せんせー分かんない」
東「はあ、、これは中学の問題だぞ、覚えろ」
ノア「やるきないもん。」
東「はあ、、モテ子だからってかわいこぶって」
ノア「キス、、してくれたら本気出す」
東「ぶはっ!」
ノア「先生♡わたしのこときらい?」
東「そんなことは、、、、」
ノア「はずかしがりやー」
チュ♡
東「おおおおおおい!」
ノア「テヘ♡」
東「このことはひみつな///」

リイア 2014年10月28日 17:57 ID:NTY1MjM3O

先生カッコイイ!
こんな先生見たことね~(´・ω・`)
(当たり前だ)

ころろ 2014年10月27日 17:12 ID:NTAyNTM0O

女の子 浅黄 凛   先生 正田 悠

ー放課後の補習中ー
二人「・・・」
沈黙が続く中、ふと凛と悠の視線が合った。
そこで凛はニヤッと笑い、
凛「せーんせ♪私は用事があるって言ったのに引き留めたんだから、終わったらパフェ奢ってよねっ!」
悠は少し悩んでから、困ったような、呆れたような苦笑いで答えた。
悠「・・・わかったよ。今回は俺の責任ってのもちょっとあるしね。」
凛「よっしゃっ!絶対だよ!」
悠「その代わり1時間以内に終わらせろよ?」
凛「ちぇっ、わかったよーう・・・」

ほほ 2014年10月27日 16:14 ID:Mjc5NDAzO

girl ゆうな  boy  たつや

ゆうな「うぅ、っ、・・・」
_ガラッ
たつや「え・・・」
ゆうな「ひっ・・・えっ?!」
たつや「なに、」
ゆうな「なっ・・・っぅ、なんでもっ!ズズッ」
たつや「ふーん。」

yuki 2014年10月26日 17:29 ID:NDY3Mzc4M

ヘタリア学パロ
リヒテンシュタインとルート作ってみた。

みーな 2014年10月26日 10:50 ID:NDY3MDE4M

男「栗原 純」 女「桐谷 美玲」 2人は高校生
図書室にて
桐谷「栗原くん!」
栗原「桐谷どうしたの?」
桐谷「本を読みにきたんじゃん」
栗原「あっそうか」
桐谷「栗原くん、放課後屋上で待ってるね」
栗原「分かった」
放課後
栗原「桐谷」
桐谷「栗原くん来てくれてありがとう」
栗原「うん」
桐谷「わ、私ね・・・」
栗原「うん」
桐谷「栗原くんのことが好きです。付きあって下さい!」
栗原「俺も!桐谷の事が好き!」
桐谷「ほんと?」
栗原「うん!」
桐谷「\\\\\\\」
2人は抱き合う。
そして、チュ♥
栗原「\\\\\\」
桐谷「く、栗原くん・・・」
栗原「これから、ずっとよろしくな・・・!」
桐谷「うん!もちろん」
2人は高校を卒業した後、結婚し、栗原はタレントになり、桐谷は保育士になり、1年後子供ができ、
3人で幸せに楽しい人生を送るのでした。

評価お願いします。

長文すみません(ToT)

ice 2014年10月25日 10:26 ID:MTE1MjMzM

教師「高山」 女子「春乃」

高山「まず、・・・・・・・・は・・・・・・・と・・・・・」

春乃「・・・・・・高山先生・・・。」

くるみ 2014年10月25日 10:26 ID:OTI5MDA1M

ストーリー作ってみました♪
女の子「ミリヤ クリスティーン」 男の子「木下 友介」
(女の子はイギリスから転校してきた 男の子は学級委員)
ミ「コンニチハー」 木「こっこんにちは。」 
き「(あのこはたしか昨日転校してきたこだったよな~)」
ミ「アナタ、タシカキノウガッコウヲショウカイシテクレタヒトダヨネー。」
き「日本語、話せるんですね、、、。」
ミ「イッショウケンメイレンシュウシタカラ」(泣く)
き「ど、どうしたの?」
ミ「イギリスガコイシクテ、、、。ウァァァーン」
き「付き合ってくれ」
ミ「ド、ドウシテ、、、」
き「俺が、、、そのー、、、」
ミ「イイデスヨ!」
ーーーーーー次の日ーーーーーー
たくさんの男の子「付き合ってください!!!!」
ミ「ワオーーーーーー!!!、、、デモムリデス。ゴメンネ↧」
たくさんの男の子「どうしてー?」
ミ「キノシタユウスケクンガスキダカラ!」
たくさんの男の子「木ー下ー!」
てきな感じでーす❤

ゲーム好き名無しさん 2014年10月22日 23:27 ID:MjE2MzQ5N

もっと女の子の衣装のバリエーションがあればいいのになぁと思います。
もっと中性的というか……要は両方とも男にしたいんだけど(笑) 
イモジャーとかメイド服かあんまりにもあんまりだろ

アロエ 2014年10月22日 21:30 ID:NDUyNzg0M

1男 真  2女 かい

2「・・・・・わからん」
1「俺が教えてやろう?」
2「先生には教えてもらいたくない」
1「なんで?」
2「なんとなくw?」
1「可愛くないやつ」
2「可愛くねーし・・・・///////」
1「おやおや?顔が赤いよ?」(顔近づけ
2「黙れ・・・・・////」
1「先生に対してその口のきき方はなに?」
2「だって先生が・・・・////」
1「言い訳は聞かないよ?」(ゲス顔
2「卑怯だ・・・・///////////」

ゲーム好き名無しさん 2014年10月22日 21:12 ID:NDUyNzg0M

1男、真(まこと)  2女、かい

2「・・・・・・わからん」
1「教えてやろうか?」
2「先生にだけは教えてもらいたくない」
1「」

きゃりーLОVE 2014年10月21日 23:26 ID:NTQzOTk2M

1 山瀬先生  2結奈(ゆいな)

1「オイ、結奈!しっかり勉強しろ!それに、また髪染めたのか!元に戻して来いって言っただろ!耳のピアスも外せ!先生が持ってる。」

2「黙ってろ!山瀬!お前のいう事なんて聞くか!髪なんて元に戻すか!お前だって染めてんだろ!それに、ピアスなんて誰がお前になんか渡す!いくらしたと思ってんだ!?」

1「先生に向かってその態度は何だ!? ふざけてんのか?」

2「は?何キレてんの?教師だからっていい気になってんじゃねーよ!」

エネ 2014年10月21日 21:27 ID:Nzc1OTU2M

拓斗(たくと) 芹奈(せりな)

放課後

拓 せりなーちょっとぐらい手伝えー
芹 えっ ななな何を\\\\
拓 だーか^らー え・ん・ぎ
芹 あっ分かった 見とけばいいんだよね
拓 「俺の生徒に何か?」
芹 すごいよかったよ (ニコ)
拓 (うっ くそこいつめ)
芹 ? どうしたの?
拓 あああああっくそ
   チュっ
芹 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
  ぷはっ
  拓斗が芹奈の肩に顔を乗せる
芹 たったたたたたたたたたたたたたたたたたた拓\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
拓 何できずかないんだよ馬鹿\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
芹 たっ拓 かっカヨカッタデス\\\\\\\\\\\\\\\\\
拓 \\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ 馬鹿

アイス 2014年10月21日 19:38 ID:NDI5NjIzN

女:莉彩 男:陸人
2人はおさななじみ

莉「あ~ココわかんないよ~」
莉「りっくん教えて~」
陸「いいけど・・・それ絶対みんなの前でいうなよ」
莉「ハイハイ分かりました、じゃっ教えて」
陸「ハ~あのなココはこうでだからこうなって・・・」
莉「あ~なるほど・・・」
陸「あ~じゃねーよちゃんと勉強しないからこうなるんだ!」
莉「あ~なんかこうやって2人でいるとさー・・・」
陸「無視するな」
莉「昔よく2人で遊んだこと思い出すよね~」
陸「・・・・」
莉「近くの森で走り回ったり」
莉「廃墟見つけて秘密基地にしたり」
陸「お前虫みて怖がってたなww」
莉「だってーあの時はまだ子供だったし」
陸「今も子供じゃねーか」
陸「こんな問題も解けないで」
莉「わたしネバーランドに行ってみたいんだ」
陸「ネバーランド?ピーターパンの?」
莉「そう・・・だってずっと子供のままなんだよ」
陸「・・・・?」
莉「わたしね時々考えるんだ」
莉「子供の昔に戻れたらいいのにって」
陸「何で?」
莉「あの時初めてキスしたよね・・・」
陸「・・・もどる?」
莉「え・・・・」
莉「・・・!\\\\\\」
陸「もどれた?」
莉「う・・・うん\\\\\」
莉「そっ・・・そういえばあの廃墟まだあるのかな?」
陸「今度探してみる?」
莉「うん!」
陸「じゃあ今度の日曜日」
莉「うん!」

おわり
作者「長文すいません楽しんでもらえたらうれしいです」

♫MISAKI♪ 2014年10月21日 18:05 ID:NDQyNTE2M

女子 菊池 真希/本が大好きの女の子、おとなしい
教師 徳山 春都/若い新人先生、真希とはちがうクラスの先生
その他 井内 優恵/真希の大親友 関 悠斗/真希の担任
内容 真希と春都は昔(幼稚園くらい?)1度あったことっがある
____________________________________
チーンコーンカーンコーン
悠斗「授業終わり!
     休み時間だよーーーーー」(ふー疲れたー)
優恵「いっしょにあーそーぼ!」
真希「あたし図書室行くの」
優恵「本好きだなぁ~~
優恵も行くね」
真希「うん」
~~~~~~~~~~図書室で~~~~~~~~~~
優恵「ヤバッ!
宿題忘れてたー」
真希「今からなら間に合うよ!
     はやくやってきな」
優恵「うん・・・・・・」
===========5分後================
真希(あぁーぁ、優恵のいないからなぁ~・・・)
春都「菊池!」
真希「えっ!!」
春都「おれだよ!」
真希「あ、あんただれ??」
春都「春都だよ!覚えてる??」
真希「春都!先生だったんだ!」
春都「てなわけでまたねー」
真希「うん、バイバイ」(イケメンになってる・・・)

ヒッカ 2014年10月20日 17:31 ID:MzU5NjY2N

女子「亜里沙」教師「田中」

亜里沙「ふう、やっと学校終わった・・・今日は部活もないし、早く帰ろっと」
(ドサッ)
亜里沙「あ、鞄落としちゃった・・・」
?「はい」
亜里沙「あ、田中先生!有難う御座いm・・・!?」
(田中は怪しい笑みを浮かべている)
亜里沙「(やだ・・・何?田中先生ってあんなだったっけ・・・?)
     それでは今日は失礼します!」
(タッタッタ)
田中「あっ・・・」

中途半端に終わった・・・
皆さんの書いてるのとはちょっと別のにしてみました!

みるきー 2014年10月20日 15:40 ID:NzEzMTk1O

女子三上由美男子鳥居響
~今日は由美と響の勉強会~
「ん~とココはこう?」
「ちげーよこんなんもわかんないとかほんとにバカだね~」
「う、うるさいな!ちょっと間違っただけだし!こんなの簡単だし!」
「ふ~んじゃ一人でやれるよねぇ?俺帰るよ?」
「ちょ、分かった!分かりません!教えてください鳥居様!」
「ん、了解。だからココはこうだって言ってんだろうが」
「ア!こういうこと?」
「あ~そうそう!やっと分かったかご褒美…あげよっか?」
「ほしいほしい!何くれるの?」
「ちょっと目、とじてて」
「?」
チュッ
「俺、お前のこと好きだった返事待ってるから」
「ちょっとまって!返事…いいよ私でよければ…
「ほんと!?」
「うん」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
えっと長文ごめんなさい。ダメだしとかあったら言ってください

恋愛ちゃん 2014年10月20日 14:14 ID:NDE1NDE1N

生徒 こころ 教師 小田 竜
こ「先生!」
竜「ん?」
こ「日直ノートです。」
竜「ありがとう^^あ、あとで職員室に来てくれ。」
こ「わかりました。」
女子「小田せんせーーーー、」
竜「ん?」
女子「きゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」
こ「うわ、超人気、悲鳴wwwwwwwwwww」
職員室
こ「小田先生!」
竜「ああ!こころ」
こ「何の話で?」
竜「お前この成績だと東大きついぞ?」
こ「そうですか・・・・・・・・」
竜「今日の放課後教室にのこれ!」
こ「う・・はい」
放課後教室
竜「で細胞をうつし・・・・・・・・・、こころ!」
こ「はい!」
竜「ぼーっとするな!」
こ「すみません、あの・・・質問いいですか?」
竜「ああ」
こ「先生って彼女いるんですか?」
竜「は?」
こ「答えてください!」
竜「いないけど・・・・、さあ続きだ!」
こ「っ先生!」
竜「なんだ!」
こ「私とつ、付き合ってください!」
竜「え?」
こ「先生のことが大好きすぎて胸が痛いんです・・・・」
竜「いいよ、付き合っても・・・・」
こ「ホント!」
竜「うん、お前可愛いし気も合うし・・・」
こ「先生大好き!」
竜「おれもだ」
おわり

クレアヤ 2014年10月20日 10:37 ID:NzM4MTI4O

comicoの「保留荘の奴ら」の定世と「ネト充のススメ」の桜井さんできたっ!!

野崎映見 2014年10月19日 19:14 ID:MTYwMDQ1M

アニメ 「こどものじかん」で九重りん♀、鏡黒♀宇佐美々、青木大介先生が作れたwww

雨月 2014年10月19日 16:45 ID:MzgwMDQ0O

きたーーー!!!!

きなこ 2014年10月19日 15:38 ID:NDA1MzEwN

シリョクケンサのキャラできた

野崎映見 2014年10月19日 13:10 ID:MTYwMDQ1M

自分の養護の高校の教師と自分モデルのオリキャラを作ってみたwww

purine 2014年10月19日 10:17 ID:ODc2ODczM

女子生徒「星野実紗」 男性教師「原野」

実紗「・・・・・今日の出席人数は・・・・・・」

実紗「欠席者は・・・・0・・・・。」

原野「・・・・・・・星野」

実紗「・・・・・・・ふぅ・・・・・。」

原野「・・・・星野、お前今日、日直じゃないよな・・・?」

実紗「えっ? あ・・・はい・・・」

原野「・・・・・なんでお前がやってんだ?」

実紗「・・・それは・・・・・・」

原野「押し付けられたのか・・・?」

実紗「・・・・・っ・・・!」

原野「星野・・・?」

実紗「先生には、関係ないじゃないですか!」

ダッ!

原野「おいっ・・・」

みたいな感じで書いてみました!

06595899 2014年10月19日 10:12 ID:Mzk0MTU3N

kawaii!!!!!!

モフモフ 2014年10月19日 10:03 ID:MTM2NDM3M

かわいい。にしあね。
というかんじ
2ばんめだー

purine 2014年10月19日 09:49 ID:ODc2ODczM

風早くんと、爽子ちゃんの会話

「黒沼、ここ教えてくんない?」

「あ、うん・・・。」

「ここ、・・・・・なのに、なんで・・・・・じゃないの?」

「あ・・・。そこは、・・・・・・で・・・・・になるから・・・・になるの」

「あっ・・・!そっかそっか!」

「てことは・・・ここも・・・・・すればいいわけ?」

「そうそう!」

「やっぱすげーな!」

「ありがとう・・・。」

「黒沼なら、絶対教師になれるよ」

「そう・・・かな・・・」

「うんっ!」

「教えるのうまいし!」

「それに、優しいし!」

「それに、かわい・・・いやなんでもない!」

「・・・・?」

おわり!

にあ 2014年10月19日 09:22 ID:Mzg5MDcwN

1げっと

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

※書き込む前に読んでね

このゲームに関する感想、評価、攻略など気軽に書き込んでいってください♪
モラルに反するコメント、ゲームに無関係なコメント、連続投稿などは削除対象です。
またコメントの反映に時間が掛かる場合があるので、コメントが反映されるまで連続投稿は控えてお待ちください。

コメント欄にはゲームの感想を、それ以外の雑談等は掲示板チャットルームをご利用ください。
またゲームが表示されない方やコメントが反映されない場合は一度当サイトについてをご覧下さい。

当サイトでは無料で遊べる無料ゲームを大量に紹介しています!ちょっとした時間にPCゲームを楽しんでいってください!

イチオシ!ゲーム
サイト内検索
ランダムゲーム
少女マンガアバター 祭
オンラインゲーム

▲ページTOPへ